講座・スクール

初心者がWebマーケティングを独学【3つの勉強方法】

Webマーケティングを独学で勉強する方法

 

Webマーケティングを独学で勉強したいけど、どうすればよいのだろう?

この記事では、このような悩みを持つ方に、初心者がWebマーケティングを独学で勉強する方法について解説していきます。

 

Webマーケティングのゴール

Webマーケティングのゴールは、自社商品またはクライアントの商品に対して、インターネットを通じて以下のことをすることです。

  1. 見込み客を集客する
  2. 見込み客を教育する(商品のよさ、メリットをわかってもらう)
  3. 商品を買ってもらう
  4. 1度で終わらずに、次もまた商品を買ってもらう

これらのゴールを実現するために、各種スキルを身につけていくのです。

 

Webマーケティングで勉強すべきこと

ゴールを実現するために、主に勉強すべきことは、以下のとおりです。

Web集客(見込み客の獲得)

Webを使って見込み客を集客・獲得することです。

そのために必要となるのが、SEO、広告、SNS、メールなどを活用した集客テクニックです。

SEO

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略で、簡単に言うと検索エンジン(主にGoogle)で上位表示させるためのテクニックです。

SEOには、キーワード選定スキル、競合調査スキル、ライティング能力など、さまざまな能力が要求されてきます。

近年では、検索エンジンでの上位表示の難易度が高くなっている上に、検索エンジンのアップデートによっていきなり順位が下落することもあるので、他の集客手段と組み合わせてリスクヘッジをするのが一般的になっています。

SNS

SNSでの集客=フォロワーを集めることです。

TwitterやInstagram、Lineのビジネスアカウントなどのフォロワーになってもらい、そのフォロワーに対して、情報を流したり、商品の購入を促進したりします。

Web広告

Web上に出す広告です。

Googleの検索結果の最上位にくる広告(リスティング広告)や、ヤフー広告、Youtube広告、FacebookやTwitterなどのSNS広告など、さまざまな広告媒体が存在しています。

それぞれの広告媒体によって、集客できる層や適した商品などが異なるので、適切な広告媒体を選定し運用するスキルが必要になります。

メール

メールアドレスを取得して、顧客に直接メールで情報を流したり、商品の購入を促進したりする方法です。

検索順位が突如として変動するSEO、プラットフォームに依存するSNSに比べると、一度取得したメールアドレスにはさまざまな手段でメールを送れるので、今でも多くの企業や個人が集客手段として活用しています。

 

セールスライティング

集客した見込み客を教育し、商品を購入してもらうために必要なのがセールスライティングです。

見込み客が、ぼんやりとして悩みを抱えている状態なのであれば、その悩みを解決できる手段を提示し、その手段の中で最も適した手段(=売りたい商品)を選定してあげて、実際に購入に至るまでをライティングによって導く能力です。

行動分析(離脱率・サイト内の回遊性分析)

集客した見込み客が、実際にWebサイト上でどのような行動をとっているかを分析し、Webサイトの文言や構成を修正する能力です。

Googleが提供しているツールを含めた分析ツールを使いこなせるスキルが必要になります。

Webマーケティングの資格

Webマーケティングの資格には、さまざまなものがあります。

たとえば、

  • Webアナリスト検定
  • Internet Marketing Analyst(IMA)検定
  • ウェブ解析士認定

などです。

関連記事:Webマーケターに関連する12の資格

ただし、Webマーケティングにおいては、実務的なスキルや実績の方がより重要なので、独学で勉強する際にも資格をとることを目的とはしないようにしましょう。

唯一、Googleが公式で認定している資格である

  • Googleアナリティクス個人認定資格
  • Google広告の認定資格

については、Googleの分析ツールや広告運用といった実務的なスキルを証明するものになるので、1つの目標とするのもよいでしょう。

 

独学でWebマーケティングを勉強する方法

独学でWebマーケティングを勉強する方法は、3つあります。

  1. 自分でブログを運営する
  2. 本で勉強する
  3. 講座で勉強する

それぞれにメリット・デメリットがあるので、独学で学ぶ場合には、複数の方法を組み合わせて、互いのデメリットを補うことをおすすめします。

独学1:自分でブログを運営する

自分でブログを運営すると、Webマーケティングの能力が身につきます。

費用1~2万円/年
メリット
  • 実践的かつ総合的なWebマーケティングの能力が身につく
  • 試行錯誤しながら経験を磨ける
  • ライティング能力が上がる
  • 運営ノウハウがWebマーケティング以外にも生きる(ライティング能力が上がって、報告書作成が上手になるなど)
  • お金を稼ぎながら学ぶこともできる
デメリット
  • 運営を軌道に乗せるのに時間がかかる
  • 結果を出すまでに時間がかかる

ブログの最大のメリットは、実践的で総合的なWebマーケティングの力を養えることです。

私も長年ブログ運営をやっていますが、その経験をベースに法人クライアントのWeb集客のお手伝いもできています。

たとえば、下のグラフは、最近立ち上げたブログのアクセス推移です。

ブログアクセス推移の例

自分でブログを立ち上げられるようになると、このようにアクセスを集める(集客)できるようになっていきます。

さらに、作ったブログから収益を上げる方法もあるので、うまくいくとお金を稼ぎながら学ぶこともできます。

関連記事:ワードプレスでブログを始める7つのステップ

独学2:本で勉強する

Webマーケティングは、良書を選べば本でも勉強できます。

費用1~2万円程度
メリット
  • 良書を読めば、要点が網羅的にわかる
  • スキマ時間でも勉強できる
デメリット
  • 知識は身につくが、実践的な経験が身につかない

Webマーケティングの概要を学ぶのに適した本を2冊紹介します。

Webマーケティングでおすすめの本1:マンガでわかるWebマーケティング

本書では、Webマーケティングを初めて勉強する人に向けて、Webマーケティングの基本をマンガ形式でまとめています。

Webマーケティングに関わる基本的な用語の解説から、分析・解析までを一通り網羅しているので、Webマーケティングの仕事やWebマーケターとして必要なスキルについてざっくり掴むのに適しています。

Webマーケティングの各論に入る前に、概要を把握するために読んでおきたい一冊です。

Webマーケティングでおすすめの本2:沈黙のWebマーケティング

本書では、Webマーケティングの実務を物語形式で学べます。

ペルソナやカスタマージャーニーの設計、コンテンツを作るための基本的な考え方、SNSを運用する上で意識すべきことなどをストーリーに沿って解説しています。

Webマーケティングの実務をより詳細に知りたい方向けの一冊です。

その他にWebマーケティングを勉強できるおすすめの本は、以下の記事で紹介しています。

【おすすめ】Webマーケティングの本
【おすすめ】Webマーケティングの本12冊 この記事では、おすすめのビジネス書の中からWebマーケティングに関するおすすめ本を12冊紹介します。 Webマーケ...

独学3:Udemyで勉強する

Udemyとは、世界で15万以上の講座を展開し、5万人以上の講師、約5,000万人の会員を誇る、教えたい人と、学びたい人をオンラインでつなげるプラットフォームです。

日本ではベネッセコーポレーションと資本提携を結んで、事業連携をしています。

Udemyでは、1つの講座を買いきって、好きな時間に講義動画を見ながら学習していきます。

費用1~4万円程度
メリット
  • 本よりもわかりやすく学べる
  • PCだけでなくスマホでも手軽に視聴できる
デメリット
  • 動画だと時間がかかる(1講座あたり4時間くらい)

Udemyのデジタルマーケティングのカテゴリーを見ると、Webマーケティングに関連するさまざまな講座を見ることができます。

その中で、Web広告運用に関する代表的な講座を1つ紹介します。

おすすめの講座:成約率の高いLP構築法 × 爆発的に売り上がるWeb広告運用術

価格24,000円
学習時間6時間41分
受講者数7,417人

※Udemyでは、1講座2,000円以下で買えるセールを定期的に実施しています。詳しくはUdemy公式サイトをご覧ください。

講師の勝原氏は、SNS広告やライティングに関する講座を多数持っていますが、その中でも人気講座なのが、こちらのWeb広告を運用して成功させるためのノウハウを解説した講座です。

Webマーケティングをする際のプロセスとして、3C分析、LP(ライティングページ)製作、Web広告でのテスト、LPの最適化、LPの外部化(デザインを整える)、広告予算の追加というプロセスを1つずつ丁寧に解説しています。

LPの解説では、LPの基本となる型を説明し、無料で作れるツールも紹介しています。

広告に関しては、目的別の運用方法に加えて、各媒体の特徴や広告出稿手順まで解説しています。

Webを通じて商品を売るための基礎を身に着けたいという方に最適な講座です。

広告の内製化で参考になる動画と感じました。

広告運用(LP制作等)していく上での手順や方法、どういったサービスを活用していけばいいのかを、その使用方法まで細かく説明してくれているので、迷うことなく実施までいくことができると思います。

Udemy内のレビューを抜粋

\30日間返金保証/

公式サイトで講座を見る>>

 

独学でWebマーケティングを学ぶメリット・デメリット

独学でWebマーケティングを学ぶこと際には、独学のメリット・デメリットを考える必要があります。

独学には、以下のメリットがあります。

  • お金をかけずに勉強できる
  • 勉強時間を自由に調整できる

一方で、大きなデメリットとして考える必要があるのが、以下の2つです。

  • 独学だと自分を追い込めない可能性がある
  • 何が現代にも通用する知識で、何が古い知識かがわからない

特に2点目が重要です。

Webマーケティングの世界は、2-3年前の知識が現在では使えないということがよくあります。

典型的なのがSEOです。

SEOは、アルゴリズムが刻一刻と変化しているので、数年前までよいとされていたことでも効果がなくなっていたり、逆にマイナスに働いたりすることもあります。

独学だと、いつの時点で正しい情報なのかを自分自身で判断する必要があり、その分だけ習得に時間がかかってしまうことは覚えておいたほうがよいでしょう。

 

独学は難しいと感じるならWebマーケティングスクールがおすすめ

独学なら安く済ませられるけど、やっぱりハードルが高い。。。

このように思う方には、Webマーケティングスクールに通うことをおすすめします。

Webマーケティングスクールの中には、転職支援が充実しているスクールも少なくありません。

スクールで学ぶ ⇒ 転職して実務を経験する

というステップを踏むことで、独学よりも早くスキルを習得できる可能性が広がります。

転職支援に強いスクールとして知られているのが、以下4つです。

マケキャン by DMM.com
※無料カウンセリングあり
198,000円(1ヶ月)~:転職サポートが充実したスクールで、転職保証コースもあります。
WEBMARKS
※無料カウンセリングあり
548,000円(2~3ヶ月):実践的な課題添削を強みとするスクールで、転職サポートも充実しています。SEOに重点を置いています。
デジプロ
※無料オンライン説明会あり
363,000円(2ヶ月):オフライン授業ができる校舎が全国にあるスクールで、講師から密度濃く教えてもらうことができます。
Wannabe(ワナビー)アカデミー
※無料相談会あり
330,000円(4-7ヶ月):1,000万円レベルのWeb広告を運用できる実務課題を経験でき、別途55,000円プラスで6ヶ月以内の転職を保証するオプションがあります。

ここでは、マケキャン by DMM.comと、デジプロについて詳細を紹介していきます。

他の2校については、以下の記事に詳細を載せています。

関連記事:転職支援が強いWebマーケティングスクール4選【副業・独立にも役立つスクール】

 

マケキャン by DMM.com【転職保証付のコースがあるスクール】

マケキャンホームページ
運営会社株式会社インフラトップ
学習形式オンライン
価格(税込)入会金:33,000円
転職コース:657,800円
戦略コース:385,000円
実務コース(9週プラン):275,000円
実務コース(4週プラン):165,000円
※最大24回の分割払いに対応
学習期間転職コース:3ヶ月
戦略コース:8週間
実務コース:9週間、または4週間
カリキュラム
  • Webマーケティングの基礎
  • 顧客課題分析
  • 検索・SNS広告
  • データ解析
  • プロジェクト管理
  • 広告プランニングワーク(調査、ヒアリング、施策立案、提案までを一貫して体験)
サポート
  • 転職サポート
  • 転職保証もあり(転職できなければ受講料の半額返金)※転職コースのみ
  • 20日間返金保証

マケキャン by DMM.comは、2014年に設立された株式会社インフラトップによって運営されているオンラインのWebスクールです。

株式会社インフラトップは、DMMグループの企業なので、「マケキャン by DMM.com」名付けられています。

マケキャンの強みは、転職サポートとして社内でパーソナルキャリアトレーナーを用意し、未経験からwebマーケターとして転職できるところまでをサポートしているところです。

転職コースには転職保証がついていますが、転職できなかった場合には受講料を半額にすると明言しているところから、転職を成功させることに対する自信が感じられます。

ネット上でも、マケキャンを受講することで転職に成功したという声をいくつか見られます。

こんな人におすすめ

  • Webマーケターとして、自立したキャリアを歩みたい人
  • Web系の職種に転職して、年収アップを目指したい人
  • 転職を絶対成功させたい人

\無料カウンセリング実施中/

マケキャン 公式サイトへ

マケキャンbyDMM.com メリット・デメリットは?
マケキャン by DMMの評判・口コミ【徹底調査】 この記事では、マケキャン by DMMのメリット・デメリット、口コミ・評判について解説していきます。 \無料カウンセリ...

 

デジプロ【講師が密度濃く教えてくれるスクール】

デジプロ メリット・デメリットは?
運営会社株式会社Hagakure
学習形式オンライン or 通学(北海道、仙台、千葉(津田沼)、大宮、東京(渋谷)、横浜、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡)
価格(税込)入会金:33,000円
受講料:通学プラン330,000円、オンラインプラン385,000円
※分割払い可能
学習期間2ヶ月
カリキュラム
  • リスティング広告
  • Google広告
  • Yahoo広告
  • Facebook広告
  • Twitter広告
  • ディスプレイ広告
  • データ分析
サポート
  • 転職サポート
  • オンライン質問
  • メンタリング

デジプロは、株式会社Hagakureが運営するWebマーケティングに特化したオンライン型と通学型のハイブリッドのスクールです。

デジプロのオフラインで学べる校舎は、Webマーケティングスクールの中でNo.1となる13ヶ所になります。(2021年9月時点)

通学形式のスクールでも首都圏か大阪にしか校舎がないのが普通ですが、デジプロのカバーしているエリアは北海道から福岡まで広範囲です。

オンライン形式で受講する場合、現役Webマーケターの講師とマンツーマンで授業を行いますし、通学形式で受講する場合も最大5人と少人数で授業を行うので、講師から密度濃く学ぶことができます。

こんな人におすすめ

  • 短期間でWeb広告運用のプロになりたい人(短期集中でスキルを一気に上げたい人)
  • 実践的なカリキュラムで学びたい人
  • Googleの資格認定が欲しい人

\無料オンライン説明会/

デジプロ 公式サイトへ

デジプロの評判・口コミ【徹底調査】 この記事では、デジプロのメリット・デメリット、口コミ・評判について解説していきます。 \無料オンライン説明会/ デジプロ 公...

 

まとめ

以上、独学でWebマーケティングを勉強する方法でした。

  1. 自分でブログを運営する
  2. 本で勉強する
  3. 講座で勉強する

多少の時間はかかりますが、この3つを組み合わせるだけでもWebマーケティングの基本となるスキルは十分に身につけることができます。

関連記事:ワードプレスでブログを始める7つのステップ

どうしても、独学は厳しいと思うなら、Webマーケティングスクールの受講を考えてみましょう。

記事内で紹介したスクールも含めて、おすすめのWebマーケティングスクールを以下の記事にまとめています。

【おすすめ】Webマーケティングスクール・講座【比較】
【おすすめ】Webマーケティングスクール・講座7選【比較】おすすめのWebマーケティングスクールを徹底比較。Webマーケターとして仕事をしたいならスクール学ぶことも選択肢の一つ。未経験からプロを目指せるスクールです。...