動画編集

MOVA(動画スクール)の評判・口コミ【徹底調査】

MOVA メリット・デメリットは?

 

この記事では、そのMOVAについて、メリット・デメリット、口コミ・評判についてまとめました。

MOVAの特徴
  • 本格的な動画クリエイターを目指せる
  • 実務案件の推進能力も身につけられる
  • チーム制作が充実している

以上の特徴から、MOVAは本格的な動画クリエイターとして独り立ちしたい人におすすめの動画スクールです。

\無料相談会実施中/

MOVAに相談する

>>【未経験者でも安心】動画編集スクール・講座14選【比較】

 

MOVAとは?

MOVA

MOVAは、株式会社ミライノベが運営する動画クリエイタースクールです。

運営会社株式会社ミライノベ
学習形式通学(原宿)毎週土曜日14:00-17:00
価格(税込)660,000円 ※24回の分割払いに対応
学習期間12ヶ月
カリキュラム
  • インタビュー映像、商品CM映像の制作
  • アニメーション編集
  • 撮影スキル
  • ポートフォリオ制作
  • 動画制作の企画書・提案書
  • 実務案件

12ヶ月かけて本格的な動画クリエイターになるためのカリキュラムを提供しています。

Movaの校舎 Movaの校舎

 

MOVAのメリット・デメリット

MOVAのメリット・デメリットを解説していきます。

MOVAのメリット

MOVAのメリットは、以下4つです。

  • 本格的な動画クリエイターを目指せる
  • 実務案件の推進能力も身につけられる
  • チーム制作が充実している
  • 経営幹部がSNSで有益情報を発信している

それぞれ詳細を見ていきましょう。

本格的な動画クリエイターを目指せる

他の動画スクールが3ヶ月程度でカリキュラムを終えるのに対して、MOVAは12ヶ月かけて本格的な動画スキルを身につけるカリキュラムになっています。

カリキュラムには、編集スキルに加えて、企画構成、撮影など、動画クリエイターとして制作を進めるのに必須のスキルも磨けるようになっています。

MOVAで学べること

こちらは、実際にインタビュー動画を撮影している様子です。

以下の動画は卒業生の作品です。

実務案件の推進能力も身につけられる

MOVA自身が、「ゴールは実案件の受注と制作」と明言しているように、単に動画クリエイターとしてのテクニックだけでなく、実務推進能力も合わせて身につけることできます

カリキュラム後半の4ヶ月では、案件獲得時の目標設定、企画書・提案書の作り方、案件の進め方、営業・集客など動画クリエイターとして独り立ちしていくためのスキルもしっかり学べるようになっています。

チーム制作が充実している

カリキュラムの中には、チームで動画制作を行う課題(チーム制作課題)が多くあります。

毎期の受講生を20人と少人数に絞ってオフライン講義をする形態をとっており、3ヶ月目~12ヶ月目までチーム制作が組み込まれています。

チーム制作の充実は、オフラインを基本にしているスタイルだからこその強みだと言えるでしょう。

経営幹部がSNSで有益情報を発信している

MOVAの経営幹部(COO)である石津氏は、SNSで有益な情報を積極的に発信しています。

有益情報を発信する人には多くの情報や仕事が集まるので、それらがMOVAの受講生に還元されていけば、長い目で見て受講生にもメリットになることでしょう。

1ヶ月あたりの価格は安い

オンライン特化型のスクールや、買い切り型の講座と比較すると、MOVAの価格はどうしても高めに感じてしまいます。

実際に、動画編集講座の価格と受講期間を図にすると、以下のようになっています。

Mova料金比較

ただし、MOVAの受講期間は12ヶ月なので、1ヶ月あたりの価格で他スクールと比較すると安くなります。

MOVA12ヶ月:660,000円(55,000円/月)
DMM WEBCAMP16週間:334,800円(83,700円/月)
デジタルハリウッド by LIG3ヶ月:330,000円(110,000円/月)
MOOCRES(ムークリ)
4ヶ月:330,000円(66,000円/月)

MOVAは、一見高く見えますが、12ヶ月間を有効活用してスキルを高めていこうと思っている人には、むしろ割安になっているのです。

 

MOVAのデメリット

MOVAのデメリットは、以下2つです。

  • オフライン前提で校舎は原宿のみ
  • 講義時間が毎週土曜日の14:00-17:00に固定されている

それぞれ詳細を見ていきましょう。

オフライン前提で校舎は原宿のみ

オフライン前提のMOVAですが、残念ながら、校舎は原宿にしかありません

そのため、首都圏に住んでいて通える人しか、受講できない形になっています。

講義時間が毎週土曜日の14:00-17:00に固定されている

オフラインで実施する講義の時間は、毎週土曜日の14:00-17:00と固定されています。

毎週土曜日の同じ時間に原宿まで通う根気と根性がないと続かないので、MOVAを選ぶ際には相当な覚悟が必要となります。

しかし、ここに挙げた2つのデメリットを乗り越える覚悟を持った人が集まるスクールとも言えるので、高いレベルで切磋琢磨して学べることが期待できます。

無料の相談会を行っているので、不安や疑問点があれば、話を聞いてみるのがよいでしょう。

\無料相談会実施中/

MOVAに相談する

MOVAの口コミ・評判

MOVAの口コミ・評判です。

口コミ・評判1:仲間との一体感が得られる

口コミ・評判2:チーム制作が楽しい

口コミ・評判3:チーム制作だからこその気づきが得られた

\無料相談会実施中/

MOVAに相談する

 

MOVAがおすすめの人

MOVAは、以下の人におすすめです。

  • 本格的な動画クリエイターとして独り立ちしたい人
  • オンラインよりもオフラインが好きな人
  • チームを組んで一体感を持って動画制作したい人

 

MOVAの無料相談会:申込手順

MOVAの公式ホームページにアクセスして、トップページ下の「無料相談会を申し込む」をクリックします。

MOVA無料相談会申し込み

予約フォームが表示されるので、以下情報を入力します。

  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 希望の面談形式 オフライン形式(対面)/ オンライン形式(zoom)
  • 希望する相談会日時を3つ (記入例:〇月〇日 15:00~16:00)
MOVA無料相談会予約フォーム

そのまま画面をスクロールし、「MOVAをどのようにしりましたか?」のアンケートの回答にチェックを入れます。

MOVA無料相談会予約フォーム

チェック後、「無料で相談する」をクリックして、申し込み完了です。

 

まとめ

以上、MOVAのメリット・デメリット、口コミ・評判の解説でした。

  • MOVAのメリットとして、本格的な動画クリエイターを目指せること、実務案件の推進能力も身につけられること、チーム制作が充実していること、経営幹部がSNSで有益情報を発信していることが挙げられる。
  • 一方でデメリットとしては、オフライン前提で校舎は原宿にしかないこと、講義時間が毎週土曜日の14:00-17:00に固定されていることが挙げられる。限られた時間ではあるが、毎週同じ曜日・時間に原宿まで通う根気と根性があるメンバーと共に、切磋琢磨して学べることが期待できると言える。
  • MOVAは、本格的な動画クリエイターとして独り立ちしたい人、オンラインよりもオフラインが好きな人、チームを組んで一体感を持って動画制作したい人におすすめである。

\無料相談会実施中/

MOVAに相談する

【おすすめ】動画編集スクール・講座【比較】未経験者にも安心のスクール
【おすすめ】動画編集スクール・講座14選【比較】未経験者・社会人向けおすすめの動画編集スクールを徹底比較。動画編集者として仕事をしたいならスクール学ぶことも選択肢の一つ。未経験からプロを目指せるスクールです。...