起業・副業

動画編集でフリーランスになる方法【年収・仕事内容】

動画編集でフリーランスになる方法【年収・仕事内容】

 

動画編集でフリーランスになりたいけど、未経験から始めても大丈夫なのだろうか?

この記事では、こんな疑問を持つ方に向けて、動画編集の仕事でフリーランスになる方法を解説していきます。

ここにボックスタイトルを入力
  1. Udemyの動画講座などを使って独学で勉強して、副業で実績を作る
  2. デジハクヒューマンアカデミーのようなスクールで勉強する

関連記事:【独立にも役立つ】動画編集スクール・講座14選【比較】

 

フリーランス動画編集者の年収・相場

ココナラの動画編集案件を見ると、10分動画の編集で、6,000~20,000円くらいが相場になっています。

1日あたり2本で休日を考慮に入れて1ヶ月に50本請け負うと、22%の手数料を考慮して240,000~800,000円くらいの収入になります。

フリーランス向け求人紹介のクラウドテックの案件を見ると、週1回~2回の稼働で、最大200,000~400,000円/月くらいが相場になっています。

年収ベース(税引前)に直すと、250~1,000万円くらいの幅があります。

 

フリーランス動画編集者がやる主な仕事

フリーランスの動画編集者がやる主な仕事は、4つあります。

カット

カットとは、1つの動画の異なる部分をつないだり、異なる動画を1つにしたりすることです。

カットのやり方には、瞬間的に切り替わるもの、アニメーションをつけて切り替わるもの、徐々にフェードアウト・フェードインするものなどさまざまです。

動画の長さ、雰囲気、打ち出したいメッセージなど、全体のバランスにあわせて適切なカットを選択するスキルが要求されます。

テロップ

動画をよりわかりやすくするのに使われるのがテロップです。

話している言葉を字幕のようにテロップにしたり、重要なポイントだけをテロップにしたりするなど、テロップも全体のバランスにあわせて適切なものを選択するスキルが必要です。

効果音

動画に効果音やBGMを入れるテクニックです。

動画全体の雰囲気や打ち出したい効果・相手に与えたい印象にあわせて、適切な効果音やBGMを選択するスキルが必要とされます。

サムネイル

YouTubeのように、数ある動画の中から目立たせるには、サムネイルも重要です。

目立つサムネイル、メッセージ性の高いサムネイルなど、動画の中身を見たいを思わせる工夫が必要な部分です。

 

フリーランス動画編集者になる方法

フリーランスの動画編集者になる方法は、2つあります。

独学で勉強し、副業で実績を作る

最も手軽に独学で動画編集を学ぶなら、オンライン講座でソフトの使い方を学ぶのがよいでしょう。

たとえば、Udemyの動画講座には、ソフトの操作スキルを学べる講座が多数用意されています。

通常は、1講座1~3万円くらいですが、セール期には2,000円以下で買うこともできるので、アカウント登録だけしてセール情報を待ってから購入してもよいでしょう。

Premiere Proを使った編集の基礎を学びたいなら、「未経験でも大丈夫!Premiere Pro を丁寧に分かりやすく解説した動画編集の基礎マスターコース」という講座がおすすめです。

Premiere Proを使った編集スキルはもちろん、フォルダ整理の方法や、操作画面のカスタマイズ方法など、豊富な経験がある人ならではの視点で講座が展開されています。

関連記事:初心者が動画編集を独学で勉強する3つの方法

独学で学んだ上で、まずは副業から始めてことで、少ないリスクでフリーランスになるための準備ができます。

関連記事:未経験者が動画編集の副業を始める方法

動画編集スクールで勉強する

動画編集スクールで、基礎から応用まで講師のサポートの元に学ぶ方法もあります。

動画編集でフリーランスを目指す方には、YouTubeだけに特化したスクールよりは、総合的なスキルが身につくスクールを選ぶ方が息長く活躍できるでしょう。

ここでは、3つのスクールを紹介します。

デジハク

デジハク ホームページ
運営会社株式会社CONNECTED
学習形式オンライン
価格(税込)デジハクコースREG:148,000円
デジハクコースPRO:248,000円
※分割払いあり
学習期間デジハクコースREG:90日
デジハクコースPRO:180日
※講座の視聴は無期限
カリキュラム
  • Adobe Premiere Pro
  • アフターエフェクト
  • サムネイル制作
  • デザイン基礎、Photoshop基礎(PROの場合)
  • 動画マーケティング、SNS動画広告(PROの場合)
サポート
  • キャリア相談
  • 副業・独立サポート
  • チャットサポート
  • ZOOM面談
  • 個人制作物に対する講師からフィードバック・添削

デジハクは、株式会社CONNECTEDが運営する、未経験者から動画編集を学ぶためのスクールです。

受講生に対しては、講師がマンツーマンでサポート、無制限で24時間可能なチャット質問のほか、面談、作品の添削、副業やキャリア相談など、全て個別に対応してくれるので、スキル習得スピードに自信がない人でも安心です。

10代~50代まで幅広い年齢層の受講生がいます。

こんな人におすすめ

  • 講師に手厚くサポートしてもらいたい人
  • 素人がつまずくポイントをよく理解している講師に教えてもらいたい人
  • 年齢層が高くても動画編集に挑戦したい人

▼公式サイト▼

デジハク

\無料説明会開催中/

デジハク メリット・デメリットは?
デジハクの評判・口コミ【徹底調査】 この記事では、「デジハク」の口コミ・評判について詳細を解説していきます。 \無料説明会開催中/ デジハクに無料相談 ...

デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジタルハリウッドbyLIG ネット動画ディレクター専攻
運営会社株式会社LIG
学習形式オンライン or 通学(上野、池袋、北千住、大宮、川崎)
価格(税込)330,000円 ※分割払いあり
学習期間3ヶ月
カリキュラム
  • After Effects
  • Adobe Premiere Pro
  • Illustrator
  • Photoshop
  • 動画マーケティング
  • 企画シナリオライティング
  • 実写やアニメーション動画
  • オリジナル作品制作
サポート
  • ソフトの特別価格購入
  • コワーキングスペース無料利用
  • 卒業生コミュニティ
  • 受講生、卒業生限定の案件・求人サイト

デジタルハリウッド STUDIO by LIGは、2007年に設立された株式会社LIG(リグ)と、クリエイター養成スクールのデジタルハリウッドが業務提携することで生まれたスクールです。

ネット動画ディレクター専攻は、After EffectやPremiere Proを使って動画編集の基礎を学べるコースで、3ヶ月かけて動画教材を元にした動画編集の基礎を学び、卒業制作によりオリジナル動画を作成します(追加受講料55,000円が必要になります)。

デジタルハリウッドは、上野、池袋、北千住、大宮、川崎に校舎があり、通学かオンラインかを選択できるようになっています。

分割払いによって月々の支払いを3,548円/月~にすることも可能です。

こんな人におすすめ

  • スクールの実績を重視する人
  • 作業環境がある教室を利用したい人
  • 自分で自立的にスケジュールを組んでカリキュラムをこなせる人
  • 卒業制作の課題をこなす覚悟のある人

▼公式サイト▼

デジタルハリウッド by LIG

\無料説明会開催中/

デジタルハリウッドbyLIG メリット・デメリットは?
デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評判・口コミ【徹底調査】 デジタルハリウッド STUDIO by LIG(以降 デジタルハリウッド by LIG)は、Webクリエイターを目指すためのスク...

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーのトップページ
運営会社ヒューマンアカデミー株式会社
学習形式オンライン or 通学(全国23校)
価格(税込)入学金:11,000円
受講料:310,640円(分割あり、月々11,600円~)
※動画クリエイター総合コースの場合
学習期間6ヶ月
カリキュラム
  • Adobe Premiere Pro
  • After Effects
  • Photoshop
  • Illustrator
  • デザイン基礎
  • Web動画広告
  • 動画制作実践講座
サポート
  • 映像学習見放題
  • 質問回数無制限
  • カウンセラーサポート

1985年からスクール事業を展開し、修了生・卒業生を述べ142万人輩出してきた老舗「ヒューマンアカデミー」の動画クリエイター講座です。

北は札幌から、南は九州・那覇まで、全23校舎を誇るスクールです。

通学が難しい人は、オンライン学習を選択することもできます。

ヒューマンアカデミーのWeb動画クリエイター講座は、教育訓練給付制度の対象となっていて、要件を満たした人が修了すると、受講料の20%が給付金としてハローワークから支給されます。

こんな人におすすめ

  • 実績のある老舗・大手で学びたい人
  • 教育訓練給付制度の対象として給付金をもらって学びたい人

▼公式サイト▼

ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座

\無料体験セミナー開催中/

 

動画編集案件を獲得する方法

フリーランスとして、動画編集の案件を獲得する方法は、4つあります。

  • フリーランス向けエージェントを利用する
  • クラウドソーシングやスキルシェアを利用する
  • ブログやSNSで仕事を獲得する
  • 直接営業をする

それぞれ詳細を見ていきましょう。

フリーランス向けエージェントを利用する

エージェント(マッチングサイト)を利用するのが1つの方法です。

たとえば、フリーランスに特化した求人サービスクラウドテックなら、報酬、稼働日、求められるスキルなど多様な案件があるので、自分のライフスタイルに合わせて選択することができます。

クラウドテックへの登録は無料なので、始めのうちはどのような案件があるかを見てみるだけでもよいでしょう。

クラウドソーシングやスキルシェアを利用する

クラウドソーシングやスキルシェアを活用する方法もあります。

クラウドソーシングは、クライアントからの募集案件に応募して仕事を受注していきます。

スキルシェアは、自分のスキルを出品して、検索等で訪れたクライアントにスキルを買ってもらう形式です。

クラウドワークスクラウドソーシングの大手です。プログラミングやWeb系だけでなく、資料作成やライティング能力などもお金に変換できます。
ランサーズクラウドワークスに並ぶクラウドソーシングTOP2の1つです。
クラウディア手数料の安さが魅力のクラウドソーシングです。
Bizseek成長途上のクラウドソーシングです。
ココナラスキルシェア最大手。自分のスキルやノウハウを商品として出品するサービスです。

ブログやSNSで仕事を獲得する

自分でブログやSNSを立ち上げて、アクセスを集めたり、フォロワーを増やしたりすることで、仕事を獲得してもよいでしょう。

たとえば、動画編集に関するキーワードで集客し、発信内容に興味を持った人が、ブログの問い合わせフォームや、SNSのDMから仕事の相談をすることで、案件の獲得に発展していきます。

また、ブログを作って動画編集の専門的な内容を発信することで、動画編集者としての信頼も蓄積されていきます。

企業に直接営業をする

より単価を上げたいなら、企業に直接営業をかけられるようにしましょう。

特に動画編集の場合、クラウドソーシングの案件は単価が安いものが多いので、予算が豊富にある企業クライアントを獲得することは単価アップするのに必須となってきます。

でも、どうやって企業とつながればよいの?

当然このような疑問はあるでしょうが、たとえば、Musubu(ムスブ)のようなサービスを使うと、1ヶ月1万円で、300件の営業リストを簡単に作ることができます。

メールの一斉配信機能もついているので、自分が売り込みたい業界や業種、企業規模に狙いを定めて営業をかけることもできます。

月単位で有料プランとフリープランの切り替えが可能なので、安心して使えます。

関連記事:【実際に使ってみた】Musubu(ムスブ)の評判・口コミ

 

フリーランス動画編集者のリスク【参入者の増えすぎ】

サイバーエージェントの調べによると、動画広告の市場は、毎年1,000億円ずつ拡大してくと予測されています。

動画市場の推移

引用元:https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=25548

一方で、動画編集はWebマーケティングやWebデザインに比べると参入障壁が低いので、今後も参入者が増えていくことも想定されます。

需要が伸びているうちはよいですが、将来的に需要が頭打ちになり、供給量だけが多いと一気に単価が下落して稼ぎにくい市場になってしまいます。

動画編集で長く稼ぎたいなら、予めこうしたリスクに対応して、「稼げないフリーランス動画編集者」にならないようにする必要があるでしょう。

動画編集は稼げない? 稼げる編集者になる方法
動画編集は稼げない?やめとけ?【稼ぐのに必要な5つのこと】 ネット上でこのような声を目にしますが、動画編集はまだまだ稼ぎやすい市場です。 この記事では、動画編...

稼げないフリーランス動画編集者にならないコツ

稼げるフリーランスになるためには、動画編集スキルを上げることは必須です。

しかし、編集スキルだけで差別化を図ろうとしても限界もあります。

そこで、他の動画編集者と差別化を図るには、編集スキル以外のことにも目を向けてみるとよいでしょう。

たとえば、以下5つのことが挙げられます。

  • 作業をしているのではなく、価値を提供している意識を持つ
  • 動画制作全般のスキルを身につける
  • 営業力を身につける
  • マーケティング力を身につける
  • 専門分野を確立する

上記5つの詳細は、以下の記事で詳しく解説しています。

動画編集は稼げない? 稼げる編集者になる方法
動画編集は稼げない?やめとけ?【稼ぐのに必要な5つのこと】 ネット上でこのような声を目にしますが、動画編集はまだまだ稼ぎやすい市場です。 この記事では、動画編...

 

まとめ

以上、動画編集者がフリーランスになるための方法でした。

  • フリーランス動画編集者の主な仕事は、カット、テロップ、効果音・BGM、サムネイル制作など。
  • フリーランス動画編集者の年収は、ココナラの動画編集案件クラウドテックによると250~1,000万円くらいが目安。
  • フリーランス動画編集者になるには、独学で勉強し副業で実績を作る、動画編集スクールで勉強するなどの方法がある。
  • 稼げないフリーランスにならないようにするためには、動画制作全般のスキルを身につける、マーケティングを学ぶ、動画以外の専門分野を持つなどの方法がある。

動画編集者を育成している動画編集スクール

デジハク
※無料説明会あり

148,000円(90日)~:講師がマンツーマンサポート、24時間可能なチャット質問など手厚いサポートのスクール
デジタルハリウッド STUDIO by LIG
ネット動画ディレクター専攻
※無料説明会あり
330,000円(3ヶ月)~:編集の基礎を学び、卒業制作としてオリジナル動画作るカリキュラム
ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座
※無料体験セミナーあり
320,640円(6ヶ月):スクール事業の老舗が展開する動画制作者を育成するための講座

動画編集案件を獲得するのに役立つクラウドソーシング・スキルシェア

クラウドワークスクラウドソーシングの大手です。プログラミングやWeb系だけでなく、資料作成やライティング能力などもお金に変換できます。
ランサーズクラウドワークスに並ぶクラウドソーシングTOP2の1つです。
クラウディア手数料の安さが魅力のクラウドソーシングです。
Bizseek成長途上のクラウドソーシングです。
ココナラスキルシェア最大手。自分のスキルやノウハウを商品として出品するサービスです。