起業・副業

動画編集は稼げない?やめとけ?【稼ぐのに必要な5つのこと】

動画編集は稼げない? 稼げる編集者になる方法

 

動画編集はオワコンだし、稼ぐのは厳しいよ。

動画編集者は増えすぎているから、今さら始めても遅い。

ネット上では、こんな声を聞きますが、本当にそうでしょうか。

この記事では、動画編集が稼げないと言われる理由と、稼げるようになるための方法を解説していきます。

 

動画編集が厳しい・オワコンと言われる理由

動画編集が厳しい・オワコンと言われる理由は、需要に対して供給が多いと思われているからです。

事実、動画編集の仕事は、PCとソフトがあれば誰でもできるので参入障壁が低く、結果として編集者(供給)が増えすぎるという構造があります。

たしかに、需要に対して供給が大きくなれば、1人あたりに配分される仕事・報酬は減らされるので、稼ぎにくい人が増えるのは間違いありません。

だからといって、オワコンと結論づけるのはあまりに乱暴です。

稼げない英会話教師がいるから、英語教育の市場はオワコンなのか?

稼げないサラリーマンがいるから、サラリーマンはオワコンなのか?

というと、決してそうではないはずです。

 

動画編集はまだまだ稼ぎやすい市場

動画市場はまだまだ稼ぎやすい市場です。

その理由は2つ、「動画編集市場は伸びている」、「未経験からでも短期間で稼げる」からです。

 

理由1:動画編集市場は伸びているから

サイバーエージェントの調べによると、動画広告の市場は、毎年1,000億円ずつ拡大してくと予測されています。

動画市場の推移

引用元:https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=25548

また、クラウドソーシング大手のクラウドワークスによると、クラウドワークス内での動画制作発注者の数は2020年から急激に伸びていると発表しています。

動画市場の推移 引用元:https://crowdworks.co.jp/news/0009792/

たしかに動画編集者の新規参入は増えていますが、市場もあわせて伸びているので、一般論から言えば十分に稼げる余地のある市場です。

 

理由2:動画編集は未経験から短期間で稼げるから

ネット上では、「未経験からの副業」であるにもかかわらず、少しの努力で稼げているという声をよく見かけます。

初心者から始めて2ヶ月のスキルで副業ができて、ここまで稼げる仕事は多くはありません。

ココナラの動画編集案件を見ると、10分動画の編集で、6,000~20,000円くらいが相場です。

初心者のうちは、以下のツイートのように低単価で請け負ったとしても、実績を積んで徐々に単価を上げていけば、さらに稼げるようにもなっていきます。

つまり、動画編集市場で稼げないのは動画編集自体がオワコンなのではなく、単に稼げない人がオワコンなだけなのです。

初心者が動画編集を独学で勉強する方法
初心者が動画編集を独学【何から?】3つの勉強方法独学で動画編集を勉強したい人に向けて、具体的に何から始めればよいか、おすすめの勉強方法を解説しています。...

 

稼げる動画編集者に必要な5つのこと

稼げない動画編集者から脱却するためには、以下5つのことが必要です。

  • 作業をしているのではなく、価値を提供している意識を持つ
  • 動画制作全般のスキルを身につける
  • 営業力を身につける
  • マーケティング力を身につける
  • 専門分野を確立する

それぞれ詳細を見ていきましょう。

 

作業をしているのではなく、価値を提供している意識を持つ

動画編集者に限らず、稼げない人の特徴として、作業をするからお金をもらっていると考えている人です。

動画編集だと、10分の動画のカットやテロップ挿入という作業をすることによる対価が報酬だという意識です。

短期的にはこれでも問題ありませんが、このマインドで仕事をしていると遅かれ早かれオワコン編集者になります

大事なことは、動画編集を通じてどのような価値を顧客に提供しているか?と考えることです。

たとえば、顧客は「編集された動画」が欲しいのではなく、「編集された動画を使って、何か目的を達成したい」はずなのです。

その達成したい目的に貢献できることが重要であり、その目的に照らして最適な作業や提案をできることが価値なのです。

この意識を持つだけでも、稼げない動画編集者から一歩も二歩も先を行けるようになります。

 

動画制作全般のスキルも身につける

動画制作に必要なスキルは、多彩です。

動画編集領域だけでも、実写とアニメーションという領域があります。

また、編集以外では企画や撮影に関するスキルがあると、動画編集者から動画制作者として仕事を請け負えるようにもなっていきます。

最終的に、企業などから大口の動画制作案件を引き受けて、細かい編集作業を外注できるくらいの立場になれれば、仕事の単価をより大きくすることができます。

 

営業力を身につける

いくら高い価値が提供できるからといっても、自分の価値を知ってもらわなければ仕事をもらうことは難しいでしょう。

そうなると、必要なのは営業力です。

いきなり飛び込みで営業をするのは大変なので、まずはクラウドソーシングなどのマッチングサイトを使って、営業の実績を積み重ねていくのがよいでしょう。

以下、営業実績を積み上げるのにおすすめのサービスです。

クラウドワークスクラウドソーシングの大手です。プログラミングやWeb系だけでなく、資料作成やライティング能力などもお金に変換できます。
ランサーズクラウドワークスに並ぶクラウドソーシングTOP2の1つです。
クラウディア手数料の安さが魅力のクラウドソーシングです。
Bizseek成長途上のクラウドソーシングです。
ココナラスキルシェア最大手。自分のスキルやノウハウを商品として出品するサービスです。

 

マーケティング力を身につける

営業に加えて、マーケティングもできるようになると、さらに仕事の幅が広がります。

たとえば、クライアントに対して、以下のような提案ができるようになります。

「ターゲットの購買行動を考えると、●●のような編集にするとよいと思いますが、いかがでしょうか」

「この商品は、こういうターゲットに特化して売り込むことも考えられるので、■■のような編集にしようかと思っていますが、どうでしょうか」

このように顧客のことを考えて提案の質を上げることができれば、単価もその分だけ上げられますし、他の編集者に切り替えられるリスクも減らせます。

関連記事:初心者がWebマーケティングを独学で勉強する3つの方法【稼ぐ力を身につけよう】

 

専門分野を確立する

専門分野を確立することも価値を高める手段の1つです。

一言で動画編集と言っても、実写とアニメーションという違いもあります。

以下のツイートのように、テレビCM、映画、ミュージックビデオなどで、それぞれ要求されることは異なります。

編集の中でも得意分野を作っておくと、営業の際に強みとして前面に打ち出せます。

他には動画以外の専門分野を持つこともプラスになります。

たとえば、工場勤務の経験があるなら、工場向け動画コンテンツの編集に強みを持たせられるかもしれません。

料理の経験があるなら、料理専門の動画で顧客を獲得する方法もあります。

重要なのは、単に「動画編集者」として売り出すのではなく、「●●に強い動画編集者」と売り出すことです。

ターゲット市場は狭くなりますが、その分だけ差別化できる(=単価を上げられる)可能性が高まります。

 

稼げる動画編集者になるためのスクール

稼げる動画編集者の特徴はわかったけど、自分がそうなれる自信がない。。。

このように思う人には、動画編集スクールがおすすめです。

50万円以上かかる本格的なスクールから、総額10万円以下で独り立ちまでサポートする安価な動画編集スクールまで、さまざまなタイプのスクールがあります。

ここでは、比較的手頃な受講料のスクールを3つ紹介します。

テックアカデミー動画編集コース:老舗のWeb・IT系スクールの動画編集講座。週2回メンターがサポート。

デジハク:講師がマンツーマンでサポートしてくれる動画編集講座。

デイトラ動画編集コース:総額10万円以下でスキルを習得できる動画編集講座

 

Tech Academy(テックアカデミー)

テックアカデミーの動画編集コース
運営会社キラメックス株式会社
学習形式オンライン
価格(税込)4週間:174,900円
8週間:229,900円
12週間:284,900円
学習期間4週間、8週間、12週間の3種類から選択可能
カリキュラム
  • Adobe Premiere Proの基礎から応用
  • 動画編集テクニック(インタビュー動画、道案内、アニメーションなど)
サポート
  • 週2回のマンツーマンメンタリング
  • 毎日のチャットサポート
  • 回数無制限の課題レビュー

テックアカデミーは、キラメックス株式会社が運営する、Web・IT系のスキル習得のためのオンラインスクールで、講座の1つに動画編集スキルを学べる動画編集コースがあります。

コースを4週間、8週間、12週間の中から選ぶことができます。

テックアカデミーには、週2回のマンツーマンメンタリングと、毎日のチャットサポートがあります。

他にもメンタリングやチャットサポートが付帯されている講座はありますが、テックアカデミーは受講期間中のメンタリングやチャットサポートの頻度が他に比べて高いのが特徴です。

受講生からもメンタリングとチャットサポートが手厚いと評判になっています。

こんな人におすすめ

  • メンターに手厚くサポートしてもらいたい人
  • 自分1人で勉強しているとすぐに挫折してしまう人
  • 豊富な実績のあるスクールで学びたい人

▼公式サイト▼

テックアカデミー動画編集コース

\無料体験実施中/

テックアカデミー メリット・デメリットは?
TechAcademy(テックアカデミー)の評判・口コミ【徹底調査】 オンライン完結型のWeb・IT系のスクールの最大手がTech Academy(テックアカデミー)です。 この記事で...

 

デジハク

デジハク ホームページ
運営会社株式会社CONNECTED
学習形式オンライン
価格(税込)デジハクコースREG:148,000円
デジハクコースPRO:248,000円
※分割払いあり
学習期間デジハクコースREG:90日
デジハクコースPRO:180日
※講座の視聴は無期限
カリキュラム
  • Adobe Premiere Pro
  • アフターエフェクト
  • サムネイル制作
  • デザイン基礎、Photoshop基礎(PROの場合)
  • 動画マーケティング、SNS動画広告(PROの場合)
サポート
  • キャリア相談
  • 副業・独立サポート
  • チャットサポート
  • ZOOM面談
  • 個人制作物に対する講師からフィードバック・添削

デジハクは、株式会社CONNECTEDが運営する、未経験者から動画編集を学ぶためのスクールです。

受講生に対しては、講師がマンツーマンでサポート、無制限で24時間可能なチャット質問のほか、面談、作品の添削、副業やキャリア相談など、全て個別に対応してくれるので、スキル習得スピードに自信がない人でも安心です。

10代~50代まで幅広い年齢層の受講生がいます。

同じオンライン完結型スクールのテックアカデミーと比較したときに、受講料が安価なのも特徴です。

こんな人におすすめ

  • 安価に動画編集スキルを身につけたい人
  • 素人がつまずくポイントをよく理解している講師に教えてもらいたい人
  • 年齢層が高くても動画編集に挑戦したい人

▼公式サイト▼

デジハク 

\無料説明会開催中/

デジハク メリット・デメリットは?
デジハクの評判・口コミ【徹底調査】 「未経験から動画編集で仕事をできるくらいになりたい」 そんな要望を叶えてくれるのが、受講生の9割以上が未経験スタートの動画...

 

デイトラ

デイトラ 動画制作コース
運営会社株式会社デイトラ
学習形式オンライン
価格(税込)79,800円
学習期間無期限(講座買い切り)
※メンターサポート期間は1年
カリキュラム
  • 基礎編(編集ソフトの基本的な使い方)
  • 応用編(仕事で求められるレベルの技術)
  • サムネイル編(Photoshopを使ったサムネイル作成)
  • 実務編(ポートフォリオの作成や価格の決め方)
サポート
  • カリキュラム閲覧は無期限
  • メンターによる1年間のサポート
  • 専用チャットコミュニティ

デイトラの動画編集コースは、基礎編、応用編、サムネイル編、実務編の4つに分かれています。

基礎編では、編集ソフトの基本的な使い方を、応用編では、仕事で求められる編集スキルを学びます。

サムネイル編で、Photoshopを使った魅力的なサムネイルの作り方を学び、実務編を通して、ポートフォリオの作成、価格の決め方、案件獲得、契約、編集、納品、請求書発行など、動画編集者として独り立ちしていくときに必要なことが習得できます。

メンターが講座購入から1年間サポートしてくれるので、わからないところや難しいところがあったときに安心です。

こんな人におすすめ

  • 受講料を安くおさえたい人
  • 完全独学では学習できない人
  • とはいえ、誰かが付きっきりでなくても自発的に学習できる人
  • メンターを効果的に利用できる人

▼公式サイト▼

動画編集コース

デイトラ メリット・デメリットは?
デイトラの評判・口コミ【徹底調査】 ネット上で人気のWeb・IT講座にデイトラがあります。 この記事では、こんな疑問を持っている人に向けて、デ...

 

まとめ

以上、動画編集が稼げないと言われる理由と、稼げる動画編集者になるための方法でした。

  • 動画編集が稼げないと言われる理由は、需要に対して供給が多いと思われているから。
  • しかし、市場が伸びていて、かつ短期間で稼げるようになる動画編集は、まだまだ稼ぎやすい。
  • 稼げる動画編集者になりたないなら、作業をしているのではなく価値を提供している意識を持つ、営業力を身につける、マーケティング力を身につける、専門分野を確立することが大事。
  • 1人でこれらの特徴を身につけられる自信がないなら、スクールで勉強するのも1つの手段である。

稼げる動画編集者になるためのスクール

テックアカデミー動画編集コース:老舗のWeb・IT系スクールの動画編集講座。週2回メンターがサポート。

デジハク:講師がマンツーマンでサポートしてくれる動画編集講座。

デイトラ動画編集コース:総額10万円以下でスキルを習得できる動画編集講座

【おすすめ】動画編集スクール・講座【比較】未経験者にも安心のスクール
【おすすめ】動画編集スクール・講座14選【比較】未経験者・社会人向けおすすめの動画編集スクールを徹底比較。動画編集者として仕事をしたいならスクール学ぶことも選択肢の一つ。未経験からプロを目指せるスクールです。...