動画編集

プロクリの評判・口コミ【徹底調査】

 

この記事では、動画編集スクール「プロクリ」の特徴やメリット・デメリットなどを解説していきます。

プロクリの特長
  • 現場で通用する実践的なノウハウを学べる
  • マンツーマンでサポートしてくれる
  • 案件獲得支援がある
  • デザインの技術を学べる
  • 単価アップの方法を教えてくれる

関連記事:【おすすめ】動画編集スクール・講座14選【比較】

 

プロクリとは?

プロクリのトップページ
運営会社株式会社mirubuzz
学習形式オンライン
価格(税込)ライトプラン:12,500円/月~
スタンダードプラン:20.700円/月~
プロプラン:27,500円/月
いずれも36分割の場合の金額
学習期間ライトプラン:3ヶ月
スタンダードプラン:4ヶ月
プロプラン:6ヶ月
カリキュラム
  • Premiere Pro
  • Photoshop
  • After Effects
  • 動画デザイン・クリエイティブ制作スキル
  • YouTube動画の構成・編集・演出
  • テレビ風動画の構成・編集・演出
  • 動画広告・マンガ広告
  • デザイン/AEを駆使した高単価案件の獲得方法(スタンダードプラン以上が対象)
  • 独立/フリーランスに必要な基礎知識(プロプランのみ)
サポート
  • コーチング式での課題フィードバック
  • 案件獲得保証

プロクリは、YouTubeチャンネルやTikTokの運用代行をしている株式会社mirubuzzが運営する動画編集スクールです。

単に編集スキルを学べるだけでなく、デザイン技術や、副業ノウハウを学べることが特徴です。

プロクリの学習内容

プロクリには、ライトプラン、スタンダードプラン、プロプランの3つのプランがあります。

ライトプランは、副業5万~10万円を目指す人向けのプランになっていて、「動画編集講座」「デザインクリエイティブ講座」「AfterEffects講座」の中から、いずれか1つを選択可能です。

スタンダートプランは、動画編集で月30万円を目指す人向けのプランになっていて、「動画編集講座」「デザインクリエイティブ講座」「AfterEffects講座」の中から、いずれか2つを選択できます。

プロプランでは、動画編集者として独り立ちして月50万円を目指す人向けのプランになっていて、「動画編集講座」「デザインクリエイティブ講座」「AfterEffects講座」のすべてを選択可能です。

 

プロクリのメリット・デメリット

ここからは、プロクリのメリット・デメリットについて解説していきます。

プロクリのメリット

プロクリのメリットは、以下5つです。

  • 現場で通用する実践的なノウハウを学べる
  • マンツーマンでサポートしてくれる
  • 案件獲得支援がある
  • デザインの技術を学べる
  • 単価アップの方法を教えてくれる

それぞれ詳細を解説していきます。

現場で通用する実践的なノウハウを学べる

プロクリの運営会社は、YouTubeチャンネルやTikTokの運用代行をしているので、実践的かつ最新の動画ノウハウを持っています。

プロクリのカリキュラムは、この実践的なノウハウを元に組み立てられているので、「内容はわかったけど、いざ実践しようとすると役に立たない」ということもありません。

しかも、講師は通過率10%以下の厳しい採用審査を通過した現役動画クリエイターなので、講師の質の面でも安心です。

マンツーマンでサポートしてくれる

プロクリの各プランには、マンツーマンでのサポートがついています。

ライトプランだと8回、スタンダートプランだと12回、プロプランだと20回のマンツーマンレッスンがあります。

案件獲得支援がある

動画編集の仕事をする上で最初に困るのが、案件の獲得です。

初心者は「実績ゼロなので案件を受注できない」、「案件を受注できないから実績がゼロのまま」という堂々巡りに陥ってしまいがちだからです。

プロクリなら、各プランで卒業後に案件獲得支援があるので、最初のステップつまづきがちな未経験でも安心です。

デザインの技術を学べる

 

単価アップの方法を教えてくれる

 

 

プロクリのデメリット

プロクリのデメリットは、以下2つです。

  • 受講料が高い
  • あまり名が知られていない

それぞれ詳細を解説していきます。

受講料が高い

プロクリの受講料は、他のスクールと比べるとやや高めの設定になっています。

プロクリと同様にオンライン特化型のスクールと受講料を比較すると、以下のようになります。

DMM WEBCAMP4週間:169,800円
8週間:224,800円
12週間:279,800円
16週間:334,800円
デジハク
デジハクコースREG(90日):148,000円
デジハクコースPRO(180日):248,000円
プロクリライトプラン(3ヶ月):450,000円
スタンダードプラン(4ヶ月):745,200円
プロプラン(6ヶ月):990,000円

※36ヶ月分割の金額をベースにして計算

プロの動画クリエイターを目指すMOOCRES(ムークリ)でも、マンツーマンプランの4ヶ月で594,000円なので、かなり高額なことがわかります。

本気で動画制作とデザインを学びたい人だけに受講してもらおうという姿勢が、価格設定からもわかります。

あまり名が知られていない

動画編集スクールは数多くありますが、残念ながらプロクリの知名度は高くありません。

広く広告宣伝をしていないために知名度はまだ低いですが、運営実績は十分にあるので、これから知名度が広がっていくことが期待されています。

 

プロクリの口コミ・評判

プロクリは、開校から日が浅いためネット上の口コミは見当たりませんが、受講生からは以下の感想がシェアされています。

完全未経験からでも3ヶ月で副業スタートする事ができた

未経験からの挑戦で不安でしたが、コーチング形式の学習で手厚いと感じてプロクリで受講しました。コーチからの的確な指導と具体的な編集に対するフィードバックで一気に作れる動画のクオリティが上がり自分でも驚いています。案件獲得もサポートしてもらえたおかげで無事Youtube編集案件を獲得し、副業デビューする事ができました!

プロクリ公式サイトから引用

 

無事パートを辞め動画1本でやっていけるように

オンライン教材で一通り学習して、副業スタートしたのですが、単価が低く月5万稼ぐのでも一苦労だったので、レベルをあげたいと思いプロクリの受講を決めました。スタンダードコースで高単価案件に必要な編集スキルや営業ノウハウ、ディレクションスキルを学び、無事案件単価を上げる事ができました。1本5万円ほどの編集案件・月20本の編集ディレクション案件などで時給換算すると2,000円程度までになりました!

プロクリ公式サイトから引用

 

プロクリがおすすめの人

以上のことを踏まえると、プロクリは、以下の人におすすめできる動画編集スクールです。

  • 現役のプロからマンツーマンで指導を受けたい人
  • 高単価の動画制作案件を扱えるようになりたい人
  • 将来的にフリーランスのクリエイターとして独り立ちしたい人

受講料は高いですが、本気で動画編集をやっていこうという人には、かなり充実したカリキュラムとサポート体制になっています。

 

プロクリの無料カウンセリング:申込方法

プロクリの公式ページから、「無料カウンセリングに参加する」のボタンを押します。

PCの場合は、ボタンを押すと以下の申し込みフォームが出てきます。

プロクリの無料カウンセリング申込方法

ここで必要事項を記載して送信すればOKです。

スマホの場合は、公式Lineの登録画面になるので登録すると、簡単なアンケートが届きます。

アンケート回答後に、カウンセリングの希望日時を入力する画面になるので、日時を入力して送信すればOKです。

 

まとめ

以上、プロクリのメリット・デメリット、口コミ・評判について解説しました。

  • プロクリのメリットとして、現場で通用する実践的なノウハウを学べる、マンツーマンでサポートしてくれる、案件獲得支援がある、デザインの技術を学べる、単価アップの方法を教えてくれるなどが挙げられる。
  • 一方で、デメリットとして、受講料が高い、あまり名が知られていないなどが挙げられる。
  • プロクリは、現役のプロからマンツーマンで指導を受けたい人、高単価の動画制作案件を扱えるようになりたい人、将来的にフリーランスのクリエイターとして独り立ちしたい人などにおすすめ。