Ns spirit 投資学・経営学研究室

投資・経営の基礎を網羅した「投資学・経営学研究室」のブログ版です。ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信していきます。

【3分でわかる】損益計算書の読み方・見方を解説

損益計算書とは
損益計算書とは、ある期間に企業がどれだけの利益、損失を出しているかをまとめた計算書です。

                     損益計算書の一例
損益計算書


損益計算書から会社の利益構造(売上に対し、どれだけのコストがかかっているか)を知ることができます。損益計算書では段階ごとに3つの収益、4つの費用、5つの利益を表示しています。

3つの収益 売上高、営業外収益、特別利益
4つの費用 売上原価、販売費および一般管理費、営業外費用、特別損失
5つの利益 売上総利益、営業利益、経常利益、税引き前当期利益、当期利益

 

売上総利益 (1つ目の利益)
売上総利益とは売上高(収益)から仕入原価や製造原価などの売上原価(費用)を差し引いたものです。粗利益ともいいます。売上総利益は、商品の売値の原価の差額になるので、売上総利益が大きいということは、顧客に対して魅力的な商品を売っているということになります。


(売上原価)
売上原価とは商品やサービスの売上に直接関わった費用のことです。メーカーの場合、売上原価は販売された製品の製造原価を表します。

したがって、外部から仕入れた原材料の仕入原価の他に、製造ラインの従業員の人件費や労務費、機械設備等の減価償却費などが含まれます。小売業の場合は販売された商品の仕入原価が売上原価になります。また、売上原価は、棚卸資産などの評価方法によって変わってきます。

参考ページ (売上原価>> 棚卸資産>> 減価償却費>>

 

営業利益 (2つ目の利益)
営業利益とは売上総利益から営業活動に必要な「販売費および一般管理費(販管費といいます)」(費用)を引いて求めた利益です。営業利益は企業の本業における儲けを表します。販管費には物流費や営業費、管理費といったものが含まれます。

営業利益を大きくするには、売上総利益を大きくして(魅力的な商品を売って)、営業・運送・管理などのコストを削減する必要があります。

 

経常利益 (3つ目の利益)
経常利益とは営業利益から利子等の本来の事業活動以外からの営業外収益(利益)を加え、営業外損失(費用)を引いた利益です。企業が経常的に獲得する儲けを表します。

 

税引き前当期利益 (4つ目の利益)
税引き前当期利益とは経常利益から臨時的に発生した特別利益(収益)特別損失(費用)を加えて求めた利益です。例えば自社ビルの売却による損益(購入金額と売却金額の差額)など、毎期発生するものではない臨時の損益などが加えられます。

参考ページ 特別損失>>

 

当期利益(当期純利益) (5つ目の利益)
当期利益とは税引き前当期利益から税金を差し引いた利益です。企業が最終的に処分(配当あるいは内部留保)することができる利益です。

当期利益から株主への配当や役員賞与を引いた残りが企業の剰余金となります。(剰余金の項目は損益計算書と貸借対照表がリンクしているところです。)

 

財務諸表の費用項目と順番の意味
財務諸表に記載されている費用項目には、原価や販管費などがありますが、この順番には意味があります。それは、早くでてくる項目ほど、お金が早く分配されるかわりに、企業をコントロールする力が弱いということになります。

項目 主な分配先 企業を
コントロールする力
原価 仕入先・(従業員) 最も小さい
販管費 従業員・(協力業者) 小さい
営業外費用
(主に金利)
銀行 やや小さい
税金 やや大きい
役員報酬 経営者 大きい
剰余利益 株主 最も大きい

※コントロールする力は、相対評価です

すなわち、この中で最後に利益を分配される株主は、企業をコントロールする力をもつ変わりに、お金の分配順位は最も低いので、ハイリスク・ハイリターンと言うことができます。

この概念は、企業のガバナンス(統治)構造を考える上で非常に重要となってきます。

 

財務諸表をもっと知りたい方は

グロービスMBAアカウンティング[改訂3版]

グロービスMBAアカウンティング[改訂3版]

 

  

決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法 (朝日新書)

決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法 (朝日新書)