Ns spirit 投資学・経営学研究室

投資・経営の基礎を網羅した「投資学・経営学研究室」のブログ版です。ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信していきます。

DCF法で重視する指標 資本制約のあり・なし両方のケースで解説

投資判断で重視する指標
DCF法で投資判断をするときに、NPVやIRRなど様々な指標がでてきますが、どの指標を最も重視すべきかについて解説します。

例として、以下のプロジェクトAからDから考えてみます。

  プロジェクトA プロジェクトB プロジェクトC
 初期投資 10,000百万円 5,000百万円 5,000百万円
 NPV 1,827百万円 1,137百万円 1,014百万円
 IRR 17.1% 16.7% 16.9%
 BCR 1.18 1.23 1.20


※BCRとは、費用便益比率(Benefit Cost Ratio)のことで、
 BCR = キャッシュインフローの現在価値/キャッシュアウトフローの現在価値
として表されます。

 

資本制約がないとき
投資額に制約がない場合は、NPVの大小で判断するのが最も適切となります。すなわち、プロジェクトA、B、Cの順に資本を投下していくのが、ベストととなります。また、どれかを選ぶと、他の選択肢を選べないという前提であれば、単純にNPVの大きいAを選択すればよいわけです。

 

f:id:n_spirit:20181101134709p:plain

 

以下ページにおける比較も、投下する資本に制約がないという前提条件のもとでの比較になっています。

 

www.nsspirt-cashf2.com

 

資本制約があるとき
資本制約があるときは、判断基準がかわってきます。この場合は、NPVの大小ではなく、BCRの大小で判断していきます。BCRを用いることで、限られた予算の中で、NPVを最大化することができるようになるからです。

例えば、資本の制約が10,000百万円の場合、プロジェクトAよりもプロジェクトB、Cに資本投下する方がよく、資本の制約が7,000百万円の場合、プロジェクトBに5,000百万円、プロジェクトCの一部に残りの2,000百万円を資本投下するのがよいわけです。

 

f:id:n_spirit:20181101134805p:plain



上の例では、あえてIRRとBCRの順番が異なる微妙な例で説明していますが、多くの場合、IRRとBCRはほぼ比例関係にあります。したがって、実務上はIRRの大小で、資本の投下先を判断するケースも多いようです。

 

まとめ

資本制約があるときは、判断基準がかわってきます。この場合は、NPVの大小ではなく、BCRの大小で判断していきます。BCRを用いることで、限られた予算の中で、NPVを最大化することができるようになるからです。