ファイナンス

DCF法で重視する指標 資本制約のあり・なし両方のケースで解説

 

DCF法で投資判断をするときに、NPVやIRRなどの指標がでてきますが、どの指標を最も重視すべきか?という疑問を持たれている方も多いようです。

この記事では、DCF法でのプロジェクト評価を資本制約がない場合、ある場合で解説していきます。

プロジェクトの例

例として、プロジェクトA、B、Cがあるとします。それぞれのプロジェクトの初期投資額、NPVの額、IRRをとBCRは次のようになっています。

  プロジェクトA プロジェクトB プロジェクトC
初期投資 10,000百万円 5,000百万円 5,000百万円
NPV 1,827百万円 1,137百万円 1,014百万円
IRR 17.1% 16.7% 16.9%
BCR 1.18 1.23 1.20

※BCRとは、費用便益比率(Benefit Cost Ratio)のことで、
BCR = キャッシュインフローの現在価値/キャッシュアウトフローの現在価値
として表されます。

資本制約がないとき

投資額に制約がない場合は、NPVの大小で判断するのが最も適切となります。すなわち、プロジェクトA、B、Cの順に資本を投下していくのが、ベストととなります。

どれかを選ぶと、他の選択肢を選べないという前提であれば、単純にNPVの大きいAを選択するのがベストです。

f:id:n_spirit:20181101134709p:plain

以下ページにおける比較も、投下する資本に制約がないという前提条件のもとでの比較になっています。

【5分でわかる】DCF法の活用事例 3プロジェクトの比較、購入とリース、工場建設 プロジェクトで投資に対する評価方法には様々なものがありますが、代表的なものとしてDCF法があります。 では、DCF法を使う...

資本制約があるとき

資本制約があるときは、判断基準がかわってきます。この場合は、NPVの大小ではなく、BCRの大小で判断していきます。BCRを用いることで、限られた予算の中で、NPVを最大化することができるようになるからです。

例えば、資本の制約が10,000百万円の場合、プロジェクトAよりもプロジェクトB、Cに資本投下する方がよく、資本の制約が7,000百万円の場合、プロジェクトBに5,000百万円、プロジェクトCの一部に残りの2,000百万円を資本投下するのがよいことになります。

どれか一つしか選べないのであれば、プロジェクトBを選ぶのがベストです。

f:id:n_spirit:20181101134805p:plain

上の例では、あえてIRRとBCRの順番が異なる微妙な例で説明していますが、多くの場合、IRRとBCRはほぼ比例関係にあります。したがって、実務上はIRRの大小で、資本の投下先を判断するケースも多いようです。

まとめ

以上のように重視する指標は、資本制約がないときとあるときで変わってきます。資本制約がない場合はNPVの大小で、資本制約がある場合はBCRの大小(実務的にはIRRn大小)で判断していきます。これにより投下する資金を最も有効に活用することができるわけです。

ファイナンス知識の習得に役立つ記事はこちら>>>

 

DCF法に関連する記事

【徹底解説】DCF法とは 計算方法・事例・エクセルでの求め方 こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。 DCF法とは、ディスカウントキャッシュフロー法の略で、長期の投資...
【5分でわかる】WACCとは CAPMとは 割引率・資本コスト・計算方法 こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。 DCF法における割引率とは、DCF法を用いる上で必要不可欠な数字...

 

財務・ファイナンスをもっと知るには

【おすすめ】財務・会計・ファイナンスの本14冊【セーシン図書館】 こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。 私が読んだ中で、財務・会計・ファイナンスに関する学びを深められる...
ABOUT ME
アバター
セーシン
元サラリーリーマン管理職で新規事業、海外駐在などを経験し、現在は独立して法人向けコンサル等、いろいろやっています。サラリーマン時代には15年間副業やっていました。 ツイッターアカウントはこちら
おすすめ記事