仕事の効率化

【簡単】パレート図の作り方【エクセルで正しいパレート図を作る方法】

 

こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。

この記事では、原因分析でよく用いられるパレート図の作り方を紹介します。

この記事を読めば、以下のような基本原則・ルールに沿ったパレート図を簡単に作成することができるようになります。

パレート図

 

パレート図の元になる数値を加工する

まず、グラフ作成の前に手元のデータを加工する必要があります。はじめに、下図のように項目を件数の多い順に並べ替えておきます。

f:id:n_spirit:20181202153315p:plain

次に、数式を入れて累積割合を求めます。

f:id:n_spirit:20181202153329p:plain

 

パレート図の原型を作成する

次に、グラフの原型を作ります。グラフの種類は「集合縦棒」を選びます。

f:id:n_spirit:20181202153343p:plain

集合縦棒を選ぶと、次のようなグラフができます。

パレート図

ここで、累積割合の方の要素を右クリックして、「系列グラフの種類の変更」を選び、折れ線グラフを選びます。

次に折れ線グラフを右クリックして、「データ系列の書式設定」から「系列のオプション」を選び、使用する軸の中で第2軸を選択します。

これで2軸のグラフにできます。

最後に、折れ線グラフの値の範囲を先のセルでいくとD3(0を入力したセル)まで入るようにします。ここまででグラフの原型が完成します。

 

パレート図の原型に修正を加える

パレート図の原型ができたら、パレート図の表現ルールに沿うようにグラフを加工します。

まず、棒グラフを選択し、「データ系列の書式設定」から「系列のオプション」を選び、棒グラフの重なりをゼロにします。

次に棒グラフの軸(第1軸)の最大値を件数の合計値(今回の場合は119)に設定します。

これによって、縦軸左の数値の最大が、縦軸右の100%と合わせられるようになります。

次に折れ線グラフが棒グラフの境界で重なるように設定を変更します。

はじめにグラフを選択して、「グラフツール」、「軸」から「第2横軸」の設定をします。

作った第2横軸を右クリックして、「軸の書式設定」から
・目盛の種類
・補助目盛の種類
・軸ラベル
を全て「なし」に選択します。

そして、軸位置を「目盛」に設定します。

設定が終わると、次のようなパレート図が完成しているはずです。

パレート図

以上がパレート図の作成方法です。

 

その他の分析手法については、以下の記事に書いています。

【徹底解説】4つの分析手法と可視化方法 ファクター・マトリックス・パレート・感度分析このブログでは、ロジックツリーやシックスシグマなど、様々な分析手法を紹介しています。しかし、分析の方法自体はその表現方法まで細かく分けて...

 

上手なグラフの見せ方をもっと知りたい方は、あわせて以下の記事もご覧ください。

ビジネスで活用できる【5つのグラフ】とグラフを見やすくするための【3つの工夫】 プレゼン資料や報告書を見やすく仕上げる上で重要となってくるのがグラフ(チャート)です。 特に、数字の変化や大きさを視覚的に...
【おすすめ】図表をわかりやすく作るための本4冊【セーシン図書館】プレゼン資料やグラフ、表をわかりやすく作るのに苦労している方は多いと思います。 今後は働き方改革で無駄な資料は極力排除しようという...
ABOUT ME
アバター
セーシン
元サラリーリーマン管理職で新規事業、海外駐在などを経験し、現在は独立して法人向けコンサル等、いろいろやっています。サラリーマン時代には15年間副業やっていました。 ツイッターアカウントはこちら
おすすめ記事