仕事術

【簡単】滝グラフ(ウォーターフォール)エクセルでの作り方

滝グラフ(ウォーターフォールチャート)エクセルでの作り方

 

差異分析でよく使われる滝グラフ(ウォーターフォールチャート)の作り方を解説していきます。

この記事を読むことで、グラフがきれいに積み上げされた下図のようなウォーターフォールを簡単に作れるようになります。

滝グラフの作り方

滝グラフ(ウォーターフォールチャート)をエクセルで作るためのステップは、以下3つです。

  1. 滝グラフの元となる数値を入力する
  2. 滝グラフの原型を作成する
  3. 滝グラフの原型を加工する

関連記事:ウォーターフォールチャートの使い方例

 

滝グラフの元となる数値を入力する

滝グラフを作るためには、元となる数値データを正しく入力する必要があります。

滝グラフで重要になるのは、各要素の下端値と、上端値-下端値です。

下端値:グラフの下端部分の数値

上端値ー下端値:実際に表示したい数値

エクセルでは、以下のように数値を入れます。

滝グラフの作り方

数値を作るときには、少しコツがいります。

滝グラフが足し算の方向に積み上がっていくときは、Aの「下端値」と「上端値ー下端値」を足して、Bの「下端値」にします。

同様に、Bの「下端値」と「上端値ー下端値」を足して、Cの「下端値」にします。

滝グラフの作り方

プラスからマイナスに転じる場合は、Cの「下端値」と「上端値ー下端値」の合計が、「上端値ー下端値」の合計と一致するようにします。

マイナスにマイナスを重ねる場合は、Dの「下端値」からEの「上端値ー下端値」を引いた値をEの「下端値」にします。

滝グラフの作り方

 

滝グラフの原型を作成する

エクセルの数値を入力できたら、グラフを作成します。

グラフの種類は積み上げ縦棒を選びます。

滝グラフの作り方

すると、以下のグラフが出来上がります。

滝グラフの作り方

これが、滝グラフの原型です。

 

滝グラフの原型を加工する

滝グラフの原型ができたら、加工して実施の滝グラフにします。

まず、グラフで自動生成された青色の部分を消します。

グラフの青色の部分を選択して、色を「塗りつぶしなし」に変更すればOKです。

滝グラフの作り方

次に、離れた棒グラフ同士をくっつけるために、要素の間隔がゼロになるように設定します。

滝グラフの作り方

最後に項目ごとに色を変えれば完成です。

滝グラフの作り方

以上が滝グラフ(ウォーターフォールチャート)の作成方法です。

 

わかりやすく図解するための参考図書

【資料作成に役立つ】図や表をわかりやすく作るための本
資料作成におすすめの本5選【図や表をわかりやすく作るアイデア満載】 「もっとわかりやすい資料を作りたい」 ビジネスパーソンにとって、わかりやすい資料を作れることは、仕事の評価にも直結してきま...