経営戦略論・フレームワーク

【2分でわかる】リソース・ベースト・ビュー(RBV) 内部資源から競争優位を築く

 

業界構造という外部環境と、競争ポジショニングが利益の源泉であるとしたポーターの戦略論(5つの力、バリューチェーンなど)と比較すると対極的な理論として、リソース・ベースト・ビューという理論があります。

リソース・ベースト・ビューとは、企業が競争優位を保てるかどうかは、企業の経営資源やケイパビリティ(経営資源を活用できる能力)の開発次第であるとしてバーニーが提唱した戦略論のことです。リソース・ベースト・ビューはRBVと略されます。

リソース・ベースト・ビューでは、企業の内在的なケイパビリティが利益の源泉であると考えられていて、上記にあげた外部環境と競争ポジショニングとは企業の競争優位の厳選が異なる考え方となるわけです。

参考記事

https://www.nsspirt-cashf2.com/entry/2018/09/24/205248

https://www.nsspirt-cashf2.com/entry/2018/09/24/205555

f:id:n_spirit:20181029000906p:plain
広告

VRIOフレームワーク

VRIOフレームワークとは、リソース・ベースト・ビューの代表的なフレームワークです。VRIO
とは、企業の内在価値を探る4つ要素のことで、VRIOフレームワークは、それぞれ問いかけの形で構成されています。(VRIOはヴリオと読みます。)

V:経済価値(Value)に関する問い
その企業の保有する経営資源やケイパビリティ(企業が有する組織としての能力)は、その企業が外部環境における脅威を無力化することができるか?あるいは機会を捉えることができるか?

R:希少性(Rarity)に関する問い
その経営資源を現在コントロールしているのは、ごく少数の競合企業か?

I:模倣困難性(Inimitability)に関する問い
その経営資源を保有していない企業は、その経営資源を獲得あるいは開発する際にコスト上の不利に直面するか?

O:組織(Organization)に関する問い
企業が保有する、価値があり、稀少性があり、模倣コストが大きい経営資源を活用するために、組織的な方針や手続きが整っているか?

VRIOフレームワークでは、継続的競争優位を保つためには4つの要因が全て揃うことが必要としています。

V:経済価値R:希少性I:模倣困難性O:組織
×××VRIの調整項目競争劣位
××競争均衡
×一時的
競争優位
継続的
競争優位

企業戦略論【上】基本編 競争優位の構築と持続 (ジェイBバーニー)を参考に作成

経営戦略フレームワークに関するおすすめ記事はこちら>>>

 

リソース・ベースト・ビューをもっと知るには

 

経営戦略論・フレームワークに関するおすすめ書籍はこちら

【おすすめ】経営戦略・戦略思考の本20冊を一挙紹介 私がこれまで読んできた中で経営戦略・戦略思考に関するおすすめの本20冊を紹介していきます。 戦略策定プロセス 事業戦...
広告
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外、独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することなど、ビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるための情報を発信しています。 Twitterアカウントはこちら