管理会計の理論・勉強

直接原価計算とは 原価を変動費と、期間費用として処理する固定費に分ける

正しく経営上の意思決定をする際に、原価の考え方は重要になってきます。その際のひとつの考え方として、直接原価計算を用いるという方法があります。

この記事では、直接原価計算方法について解説していきます。

直接原価計算

直接原価計算とは、変動費を個々の製品の製品原価として考えて、固定費についてはまとめて期間費用として処理する原価計算方法のことです。

直接原価計算を用いると、製品の売上に対応する部分のみを原価として認識して、それ以外の製造量や販売量に関係なく固定費(管理部門の人件費や減価償却費)を発生した期間における期間費用として認識します。

f:id:n_spirit:20181029000820p:plain

直接原価計算のメリット

伝統的な原価計算方法では、原価は変動費や固定費の区別なく、工場で発生する費用であるかどうかだけの観点で原価計算する全部原価計算が用いられます。財務諸表など外部公表されるデータには、この全部原価計算が用いられます。

では、なぜ直接原価計算を用いるのか?

直接原価計算には大きく次の2つのメリットがあります。

■限界利益を経営指標として明確にできる
直接原価計算では、製品の利益を「売上高-変動費」すなわち「限界利益」として計算します。したがって、限界利益率や変動費、固定費のバランスといった損益構造を明確にすることができます。

■在庫管理でわかりやすいデータが得られる
製品原価を変動費のみで計算するため、変動費、固定費それぞれの費用の発生の仕方に合わせた管理や、費用削減の際に貴重なデータを得ることができるようになります。

管理会計に関連する記事

【2分でわかる】スループット会計とは 企業の現金創出力を示す考え方以前の記事でも書いたように、固定費や間接費用はその配賦方法によって事業部門や製品の収益性の見え方が変わってくるという問題があります。そう...
粗利益、粗利益率、営業利益、営業利益率、限界利益について解説この記事では、財務会計上の利益としてよく使われる、粗利益(売上総利益)、営業利益と、管理会計で重要となる限界利益について解説します。 ...
ABOUT ME
アバター
セーシン
現在起業家・元サラリーマン管理職。15年のサラリーマン+副業経験、海外経験、起業経験などを踏まえて、仕事やキャリアに関することを発信しています。