Ns spirit 投資学・経営学研究室

投資・経営の基礎を網羅した「投資学・経営学研究室」のブログ版です。ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信していきます。

実際に理論株価を算出するときの4つのステップ

理論株価を実際に算出してみる
ここでは私が実際にDCF法を使って株価の具体的な求め方を紹介します。

 

www.nsspirt-cashf2.com

 

1.財務諸表を入手する
まずは対象企業の財務諸表を入手します。EDINETから有価証券報告書を閲覧するか、企業のホームページにいって決算短信(通常はIR情報のページにあります)を見るかすれば、入手できます。

 

2.財務諸表の数値を整理する
財務諸表の数字を整理して年度毎の推移を見ていきます。これだけでも年々負債が減っているとか運転資本が増加しているとかいったことが分かります。私は次のようなエクセルシートを作って打ち込んでいます。

f:id:n_spirit:20181028235725p:plain

 

3.株価の算出
理論株価算出ページで紹介した7つのプロセスに従って株価を計算していきます。

 

 

www.nsspirt-cashf2.com

 

4.将来の予測値の算定
打ち込む数値の中で、株価計算に使う数値(右側の表の青色の部分)が株価に最も影響を与えます。ここに入れる数字は、過去の平均値や直近の期の数字、会社の状況を見ながら独自の数字など様々です。この辺ははっきり言ってセンスだと思います。ただ、あくまでこのシートで求める株価は目安なので、あまりナーバスになる必要はないと思います。

 

最後に
冒頭でも言ったように、この株価はあくまで目安で、絶対ではありません。しかし、株価に対して何の目安もなく投資をするよりか、幾分良いと思います。また、この方法を使うと、会社の財務構造の何がネックになっていて、何が強みになっているのか、それが株価にどう影響しているかがわかるというメリットがあります。詳しくは次のページで紹介します。

www.nsspirt-cashf2.com