ファイナンス思考・知識・勉強

【5分でわかる】ROICとは・投下資本利益率とは

 

事業活動のために投じた資金である投下資本に対する収益性を測る指標にROIC、OOICがあります。

この記事では、そのROICとOOICについて解説していきます。

 

広告

ROICとは

f:id:n_spirit:20181029000820p:plain

ROICとは、投下資本利益率のことです。

計算式を解説していきます。

ROICの計算式

ROICは次のように求められます。

ROIC = NOPAT(税引き後利益)/投下資本

 

投下資本とは、固定資産と正味運転資本(流動資産-流動負債)の総和のことです。

これは、バランスシートの右側から見ると、株主資本と固定負債の合計と言い換えることもできます。

投下資本 = 株主資本(評価・換算差額等含む) + 固定負債
= 固定資産 + 流動資産 - 流動負債

投下資本は、すなわち企業活動のために投入された資金を表します。

 

※NOPATとは
NOPATとは、税引き後利益のことです。NOPATは企業の本業の業績を反映するEBITから税金を差し引いたものです。税金を費用と考えた場合、NOPATは売上から企業に実質的にかかる費用を差し引いた残りの利益であると考えられます。

NOPAT = EBIT - 税金

EBITとは金融収支前経常利益のことです。EBITは会社が経常的に得られる利益のうち金融的な収支を差し引いたものです。(実務上は営業利益とイコールとして扱われることもあります)

EBIT = (経常利益 + 支払利息 - 受取利息)

 

ROICの意味

ROICはROEやROAに似た指標ですが、投下した資本に対する事業の儲けの度合いをより正確に表しているのはROICだと言われています。

ROICをROEとROAの分母、分子とそれぞれ比較したのが以下の表です。

分子分母
ROE純利益自己資本
ROA純利益総資産
ROIC税引後利益投下資本

ROEは自己資本に対する利益率、つまり株主に対する収益性を、ROAは会社全体の資産に対する収益性を示しています。

一方で、ROICは分母があくまで投下された資本となっています。言い方を変えると、バランスシートの右側の負債から買入債務を除いた残りを分母としています。

これは有利子負債の債権者も含めて資金を投下している人に視点で考えているわけです。

ROE、ROA、ROICを図解すると以下のようになります。

ROA、ROE、ROICの関係性を図示

ROICの投下資本はWACC(資本コスト)で用いる資本と同じものです。そのため、ROICはWACCとの間に明確な基準をもつ尺度となり、株式や事業への投資をする上で重要と考えられています。

WACCに関する詳細解説記事はこちらです

【5分でわかる】WACCとは CAPMとは 割引率・資本コスト・計算方法割引率とはDCF法を用いる上で必要不可欠な数字で、将来の現金を現在の価値に割引く際に使う係数です。 これは言い換えると投資に対する...

 

ROICとEVAの関係

ROICとEVAには面白い関係があります。まずEVAは次の式で表されます。

EVA = NOPAT - 投下資本×資本コスト
= NOPAT - 投下資本×WACC

  この式の両辺を投下資本で割ると次のようになります。

EVA/投下資本 = NOPAT/投下資本 - WACC
= ROIC - WACC

このとき(ROIC-WACC)をEVAスプレッドと言います。つまりEVAをプラスにするには、EVAスプレッドをプラスにしなければならないということになります。

【5分でわかる】EVAとは エコノミックプロフィットとは MVAとは この記事では、アメリカのスタン・スチュワート社が開発した投資尺度であるEVAとMVAについて解説していきます。 EVA...

 

EVAとは企業の経済付加価値を表します。EVAがプラスだとその企業は経済的な付加価値を見出していることになります。したがって、ROICがWACCより高い(EVAスプレッドがプラスである)と、企業の経済付加価値はプラスであるといえます。

 

ROIC向上=投資家に対する企業価値向上

このように見ていくと、ROICを高めるということは企業価値を高めることに繋がります。

例えば、税引後営業利益(NOPAT)を2倍に高めることができても、投下資本が3倍必要だとしたら、投資家の投資単位あたりの価値は毀損していることになります。

逆に、投下資本2倍でNOPATを3倍にできれば、投資単位あたりの価値を増やすことができ、投資単位あたりの企業価値上昇に貢献できるわけです。

このように投資家に対する企業価値を高めるための指標としてROICが使われます。つまり、投資家から見るとROICがWACCに対してどの程度の水準なのか(=EVAスプレッドがプラスなのか)、それは今後増えていくのかが関心事になってくるわけです。

ちなみに、そのようなEVAスプレッドがプラスになっている企業は世界でどの程度あるのか調査した結果がこちらのホームページ「January 2019 Data Update 6: Profitability and Value Creation!」にあります。

そこから抜粋したグラフによると、各地域の企業のROICとWACCの割合は以下のとおりとなっています。

利益の対象期間が12ヶ月と短く会計方針の影響を受けやすいとは言いながらも、世界では60%の会社のROICが資本コストを下回っているという現実があるようです。

 

広告

OOIC 投下資本営業キャッシュフロー率

ROICと類似指標として、OOICがあります。

OOICとは事業の投下資本から、どれだけ本業のキャッシュフローを得たかを測る指標です。すわなち、ROICの分子キャッシュフロー版です。

OOICは次のように求められます。

OOIC = (営業CF + 運転資本の増加額) / 投下資本
= (EBIT + 減価償却費 - 税金) / 投下資本

 

まとめ

以上がROICの解説でした。

  • ROICとは、投下資本利益率のことで、NOPAT(税引後利益)/投下資本で計算できる。
  • 投資資本とは、株主資本+固定負債で計算でき、企業活動のために投下された資本である。
  • ROICは、ROEがROAに比べると、投下した資本に対する儲けの度合いをより正確に表すことができる。
  • ROIC-WACCのことをEVAスプレッドといい、ROICがWACCを超えているかどうかが、適切な利益率となっているかの判断指標のひとつとなる。
  • ROICの向上は企業価値向上につながる。
  • ROICの類似指標として、分子にキャッシュフローを用いたOOICがある。

ファイナンス知識の習得に役立つ記事はこちら>>>

 

財務・ファイナンスをもっと知るには

【おすすめ】財務・会計・ファイナンスの本14冊を一挙紹介 私が読んだ中で、財務・会計・ファイナンスに関する学びを深められる、おすすめの本を一挙14冊をカテゴリー別に紹介していきます。 ...
広告
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外事業・独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することなど、ビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるための情報を発信しています。 ツイッターアカウントはこちら