Ns spirit ビジネスパーソンの心技体

ビジネススキル・知識・キャリアを中心にビジネスパーソンの心技体を磨くための情報を発信しています。心技体を磨いて80歳で後悔しない人生を目指そう。

コミュニケーション分析モデル ジョハリの窓とは 期待と課題のマトリックスとは

 

対人においても、対組織においても、多くのビジネスパーソンが悩みとしてあげているのが、コミュニケーションの問題です。しかし、コミュニケーションの問題もある程度の型を使うことで、改善に向けてのきっかけを作ることができます。

 

この記事では、他者とのコミュニケーションを考える上で有用な「ジョハリの窓」と、組織間のコミュニケーションを考える上で有用な「期待と課題のマトリックス」について解説していきます。

 

 

 

ジョハリの窓(個人コミュニケーションのツール)

ジョハリの窓とは、人同士が円滑なコミュニケーションを進めるために考案されたコミュニケーション分析のモデルのことです。ジョセフ・ルフトとハリー・インガムが考案したモデルなので、2人の名前をとってジョハリの窓と呼ばれています。

ジョハリの窓は、横軸に自分が知っていることと知らないこと、縦軸に相手が知っていることとしらないことをとり、それぞれの交点状態を考察します。

 

そこから、なぜコミュニケーションをとることが重要なのか、そのコミュニケーションから何を学ぶことができるのかを示すことができます。

 

ジョハリの窓

 

ジョハリの窓における4つの自己

ジョハリの窓には4つの自己があります。


1.開放されている自己
自分も相手も知っている事柄で、お互いが情報共有している公の情報です。

 

この領域が大きいと、他人に対して「オープンな人」という印象を与えます。

2.盲点となっている自己
自分が気づいていない癖や行動などを通じて、相手が自分のことを推察している領域です。この領域は、自分が存在を認めること自体に困難を伴いますが、この認識をすることで自分への理解が今まで以上に広がります。

 

この領域が大きいと、他人に対して「空気が読めない人」という印象を与えることがあります。

3.隠している、隠れている自己
公に公開している情報に対するプライベートな自分です。この領域は相手に隠されているため、ミス・コミュニケーションの原因になることがあります。

 

この領域が大きいと、他人から「何を考えているかわからない」という印象を与えることがあります。

4.誰も知らない未知の自己
自分も相手も知らない未知なる領域です。知られざる潜在能力の発見が起こる領域でもあります。

 

この領域は、自分が認知できた段階で、1「開放されている自己」、または3「隠している、隠れている自己」になります。

 

ジョハリの窓の活用方法

人間関係の変革を起こすには、下図のように2「盲点」の領域を狭めて、1「開放」の領域を増やす「フィードバック」と、3「隠している自己」の領域を狭めて、1「開放」の領域を増やす「自己開示」が重要になります。

 

ジョハリの窓

非難するのではなく、客観的な情報として「フィードバック」を受けること、そして今の人間関係を阻む主たる要因になっている事柄を相手が受け入れられる状態のときに「自己開示」することで、お互いに信頼の厚い良好な人間関係を形成することができます。

 

期待と課題のマトリックス(組織コミュニケーションのツール)

期待と課題のマトリックスとは、期待することを横軸に、それに対して課題や懸念事項を縦軸にとったマトリックスのことです。各交点には、それぞれ解決策を記入していきます。ジョハリの窓が個人のコミュニケーション分析のツールであるのに対して、これは組織間のコミュニケーションツールになります。

部門間の会議では、各部門の利害が一致しなかったり、それぞれの部門が言いたいことだけを言って会議が終わってしまったり、期待することがあってもできないと思ってそれ以上の議論やめてしまったりすることが多々あります。

期待と課題のマトリックスは、マトリックスに整理することで、全体増を明確にすることができ、意思決定する上で、何をするべきかをはっきりさせられるというメリットがあります。自部門のことしか頭になかった参加メンバーも、マトリックスにすることで客観的に考えることができるようになります。

期待と課題のマトリックスの例

期待と課題のマトリックス

 

 

コミュニケーション関連の記事

www.nsspirt-cashf2.com

www.nsspirt-cashf2.com