Ns spirit ビジネスパーソンの心技体

ビジネススキル・知識・キャリアを中心にビジネスパーソンの心技体を磨くための情報を発信しています。心技体を磨いて80歳で後悔しない人生を目指そう。

マズローの欲求5段階説とは 人間がもつ欲求の段階と効果的な褒め方

 

人間の欲求を正しく理解することは、組織マネジメントをする上でとても大事な要素となります。

 

そのときに、人間の欲求を漠然と考えるのではなく、フレームワークに従って考えることで欲求を整理しやすくなります。

 

この記事では、そのフレームワークとして、人間の欲求段階を説明した理論「マズローの欲求5段階説」と「ERG理論」について解説していきます。

 

 

マズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説とは、人間の欲求を低次のものから高次なものまで、5段階に分類できるという説です。以下の表に、5つの段階とその解説をします。

 

マズローの欲求5段階説

 

生理的欲求

食べる、飲む、眠るといった動物の基本欲求。適切な温度・湿度など。

 

 

安全欲求

危険から身を守り、安全を得たいという欲求。安全な職場・家屋や、経済的な安定など。

 

 

社会的欲求

良好な人間関係、集団への帰属など、どこかに所属していたいという欲求。

 

承認欲求

他人からの承認を得たい、存在価値を認めてもらいたいという欲求。

 

 

 

自己実現欲求

自己実現の可能性を追求し、本来あるべき自己の姿を実現したいという欲求。



マズローはこのモデルの中で、人間は低次の欲求が満たされると、高次の欲求をもつようになると言っています。また、実現された低次の欲求を満足させるインセンティブが与えられると、モチベーションは低下するとも言っています。

生理的欲求と安全欲求を満たされた人は、良好な人間関係を築くなど、社会への参加を欲します。そのような人に対して、仕事の見返りに普段食べているような食事を提示しても、それは仕事の原動力にはならないということです。

 

相手を褒めるときにも使えるマズロー説

この「マズローの欲求5段階説」は相手を褒めるときにも使える考え方です。

 

最も効果的なのは、承認欲求を満たす褒め方をすることです。上のピラミッドからもわかるように、承認欲求は他の3つの欲求に比べて高次の欲求であることからもわかると思います。

 

実際、社会的欲求や安全欲求に訴える褒め方やフィードバックの仕方は長続きしません。例えば、仕事の成果に対して、昇格や昇給で報いても、一時的にはモチベーション向上につながりますが、やがて次のポジション、さらなる昇給を要望するようになってしまうことは容易に想像がつくと思います。

 

一方で、承認欲求を満たす褒め方は何度されても、嬉しく感じてもらえます。例えば、以下のような褒め方です。

 

「〇〇をやってくれて助かるよ、ありがとう」

(居てくれないと困る存在だということを伝えている)

 

「××で成果を出したことで、部長も喜んでいたよ」

(自分だけでなく、他者も認めていたことを伝えている)

 

「昨日プレゼン、▲▲のところが、素晴らしかったとお客さんからお褒めの言葉をもらったよ」

(社内だけでなく、社外からも認めてもらっていることを伝えている)

 

こうした褒め言葉は、何度言っても喜ばれるのです。人を褒めるときに、意識してみるとよいでしょう。

 

ERG理論

ERG理論とは、クレイトン・ポール・アルダファーによって考案されたもので、マズローの欲求5段階説の派生理論として登場したもので、マズローの欲求5段階説を3つのカテゴリーにまとめたものです。

 

ERG理論では、生理的欲求、安全欲求は一つの欲求としてグルーピング可能で、承認欲求のところで見えない境界線があるとしています。

 

ERG理論

 

しかし、以下の点でマズローの学説とは異なる部分があります。

 

  1. 低次の欲求が必ずしも満足される必要はない。低次欲求が満たされているかどうかに関係なく、手元にある欲求を満たすことができる。
  2. 高次の欲求が満たされないと、より具体性の高くなる低次の欲求に退化させてしまう。
  3. 満たす欲求の順序を変えることも可能である。例えば、生存欲求の次に成長欲求を満たすという順序もあり得ます。

 

人材マネジメントの関連記事

www.nsspirt-cashf2.com

www.nsspirt-cashf2.com