Ns spirit 投資学・経営学研究室

投資・経営の基礎を網羅した「投資学・経営学研究室」のブログ版です。ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信していきます。

リーダーが発するメッセージに必要な4つの観点

リーダーが発するメッセージ
リーダーはメンバーを鼓舞し、仕事を効率よく進めるために様々なメッセージを発する必要があります。ここでは、リーダーが発するメッセージをどのような観点から考えればよいかを紹介していきます。

 

1.メッセージの種類
リーダーが発するメッセージには次のようなものがあります。

・チームのVISIONを掲げるメッセージ
・リーダーとしてのコミットメント、約束を表明するメッセージ
・メンバーに対してアクションを促すメッセージ
・メンバーに対する期待を示すメッセージ

まずは自分がどの種類のメッセージを発しようとしているのかを確認する必要があります。

 

f:id:n_spirit:20181006121622p:plain

 

2.メッセージに含む目標
次にそのメッセージで発する目標を考えます。VISIONにせよ、アクションにせよ、リーダーが発するメッセージには何らかの目標が存在します。目標を考える際には概ね次のような観点をおさえておく必要があります。

・具体的で計測可能か
・頑張れば到達可能か
・期限は明確か
・チームメンバーとの関係性は深いか

 

3.受け手の分析
次に考えるべきは、メッセージの受け手の状態です。当然ながら、受け手の状態やレベルにあったメッセージを発する必要があります。

 

4.メッセージの構成
メッセージの構成方法には次のようなパターンがあります。

「我々は○○すべきである」
なぜなら、理由1、理由2、理由3・・・

「我々は○○する必要がある」
なぜなら、××という問題があり、そのためには△△という方法が有効で、だから次に○○が我々にとって必要なのである

これらのメッセージを作成する際にはピラミッドストラクチャーが大変有効です。上記の例もピラミッドストラクチャーによるメッセージ構成の一例になります。

www.nsspirt-cashf2.com