Ns spirit ビジネスパーソンの心技体

ビジネススキル・知識・キャリアを中心にビジネスパーソンの心技体を磨くための情報を発信しています。心技体を磨いて80歳で後悔しない人生を目指そう。

4つのリーダーシップスタイルと、リーダーが発するメッセージに必要な4つの観点

 

新しくリーダーになられた方の悩みとして、以下のようなことを多く聞きます。

 

「どのようなスタイルでみんなをリードすればよいのかわからない」

「自分のスタイルでみんながついてきてくれるか不安」

「どのようなメッセージを伝えればよいのかわからない」

 

この記事では、こうした悩みを持っているみなさんに向けて、リーダーシップスタイルの分類と、リーダーが発するべきメッセージについて解説していきたいと思います。

 

 

リーダーシップスタイル

リーダーシップには様々なスタイルがあり、その分類方法もいくつかありますが、ここでは支援型、指示型という2つの軸を用いた4つのリーダーシップスタイルについて紹介します。

リーダーシップスタイルの分類

 

指示

指示スタイルには、次のような特徴があります。
・リーダーが全ての意思決定を下す
・リーダーがやり方を見せて、そのとおりやらせる
・リーダーが何をなぜやるのか説明する

 

コーチ

コーチスタイルには、次のような特徴があります。
・リーダーは相手の質問に答える
・リーダーは相手を励ましてやらせる
・リーダーは相手の状態を適切にフィードバックする

 

サポート

サポートスタイルには、次のような特徴があります。
・リーダーは相手がリスクテイクするための資源を準備する
・リーダーは相手と互いにフィードバックし合う

 

権限委譲

権限委譲スタイルには、次のような特徴があります。
・日々の細かい判断は部下に全て任せる
・リーダーは相手を信頼し尊敬する

 

リーダーシップスタイルの選択

これらのリーダーシップスタイルはどれが正しいということではなく、そのときの状況や、リーダーとフォロワー(あるいは上司と部下)との関係、お互いのスキルに応じて選択されるべきものです。しかし、一般的にはリーダーとフォロワーの関係が深まり、互いのスキルが伸びていくにしたがって、次のような変遷ととることになります。

指示 ⇒ コーチ ⇒ サポート ⇒ 権限委譲

 

リーダーが発するメッセージ

リーダーはメンバーを鼓舞し、仕事を効率よく進めるために様々なメッセージを発する必要があります。ここでは、リーダーが発するメッセージをどのような観点から考えればよいかを紹介していきます。

 

観点1.メッセージの種類

リーダーが発するメッセージには次のようなものがあります。

・チームのVISIONを掲げるメッセージ
・リーダーとしてのコミットメント、約束を表明するメッセージ
・メンバーに対してアクションを促すメッセージ
・メンバーに対する期待を示すメッセージ

まずは自分がどの種類のメッセージを発しようとしているのかを確認する必要があります。

 

f:id:n_spirit:20181006121622p:plain

 

観点2.メッセージに含む目標

次にそのメッセージで発する目標を考えます。VISIONにせよ、アクションにせよ、リーダーが発するメッセージには何らかの目標が存在します。目標を考える際には概ね次のような観点をおさえておく必要があります。

・具体的で計測可能か
・頑張れば到達可能か
・期限は明確か
・チームメンバーとの関係性は深いか

 

観点3.受け手の分析

次に考えるべきは、メッセージの受け手の状態です。当然ながら、受け手の状態やレベルにあったメッセージを発する必要があります。

 

観点4.メッセージの構成

メッセージの構成方法には次のようなパターンがあります。

「我々は○○すべきである」
なぜなら、理由1、理由2、理由3・・・

「我々は○○する必要がある」
なぜなら、××という問題があり、そのためには△△という方法が有効で、だから次に○○が我々にとって必要なのである

これらのメッセージを作成する際にはピラミッドストラクチャーが大変有効です。上記の例もピラミッドストラクチャーによるメッセージ構成の一例になります。

www.nsspirt-cashf2.com

 

まとめ

リーダーシップのスタイルには正解がなく、場面場面に応じて正しい対応のは変わってきます。また、その対応の良し悪しはリーダーとそれについていくフォロワーとの関係にも大きく依存してきます。

 

ご自分なりのリーダーシップスタイル像を考えていく上で、この記事が参考になれば幸いです。

 

リーダーシップ関連の本

採用基準

採用基準