MENU
ロジカルシンキング

【5分でわかる】演繹法・帰納法とは【わかりやすく解説】

 

こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。

ロジカルシンキングを習得するためには、基礎的な論理展開の方法を習得することが不可欠ですが、この基礎的な論理展開の方法には大きく2つあります。

「演繹法」と「帰納法」です。

この2つの論理展開を確実に使いこなせるようになると、論理的に考える力や、自分の頭で考える力を大幅に高めることができます。

この記事では、その「演繹法」と「帰納法」について解説していきます。

 

演繹法:一般論と観察事項から結論を導く論法

演繹法とは、一般論やルールに、観察事項を加えて、必然的な結論を導く思考方法のことです。

三段論法とも言われます。

例えば、次のように使います。

ルール「このチームには男しか入れない。]
観察事項「Aさんはこのチームのメンバーだ。」
結論「Aさんは男である。」

ルール「この事務所で働いてるのはAさんとBさんである。」
観察事項「事務所にはあと一人しかいなくて、事務所にいるのはAさんだ。」
結論「帰ったのはBさんだ。」

このように演繹法を使うと、ルールと観察事項から、自動的に結論を導けるようになるのです。

演繹法を用いる際の4つの注意点

三段論法とも呼ばれる演繹法ですが、用いる際に陥りがちな罠がいくつかあります。

自分の思考や、他人の論理展開が演繹法の罠に陥っていないかという観点で常に疑ってみることで、思考力を高めていくことができます。

間違ったルールを元に論理展開してしまう

よくある罠が間違ったルールを元に論理展開しているケースです。

例えば、次のような事例があります。

ルール「顧客に豊富なサービスを提供すれば、大きな利益が得られる。」
実施事項「コストをかけて、顧客へのサービスを充実させた。]
結論「自社の利益は増加するだろう。」

このケースだと、顧客に豊富なサービスを提供するためにコストをかければ、利益減につながる可能性があります。

つまり、ルールとした「顧客に豊富なサービスを提供すれば、大きな利益が得られる」が間違っている可能性が高いのです。

先入観を元に論理展開してしまう

先入観に基づいて論理展開しているケースも注意が必要です。

ルール「外国人はよく犯罪を犯す。」
観察事項「最近、近くに多くの外国人が引っ越してきた。」
結論「このあたりも治安が悪くなるだろう。」

この場合、「外国人=犯罪をする可能性が高い」という先入観を元に結論を導いています。

しかし、この先入観は必ずしも一般的なルールといえるものではないでしょう。

先入観に基づいて結論を出すと、大きな過ちを犯す場合があるので注意が必要です。

先入観は、声の大きい人の発言や、マスコミなどによって、自然に植えつけられている場合があるので注意が必要です。

最近の若い人は、と考え始めたり、まわりの人が言いだしたりしたら、そこに先入観がないかを疑ってみましょう。

古いルールを元に論理展開してしまう

演繹法の前提となるルールは、時代の流れや置かれている環境によって変わる可能性があります。

例えば、携帯電話やネットがある時代とない時代、高度成長時代と市場成熟時代ではルールが全く異なってきます。

過去の成功体験に基づいて一定のルールが頭の中に構築されてしまっている場合などは、特に注意が必要です。

ルール「昔、Aを試したらダメだった。」
観察事項「彼はAをやろうとしている。」
結論「彼は失敗するだろう。」

このような思考に陥っていないか、そのときの前提と今の前提が本当に異なるのか?は注意深く考えましょう。

 

前提が隠れたままで論理展開してしまう

議論をしていると、結論の中に隠れた前提・ルールが存在しているケースが多いです。

「今日は雨の予報だ。バイクはやめて、車で出かけよう。」

こう言った場合、大抵の人は納得します。

しかし、この論法には、いくつかの前提が隠されています。

「今日は雨の予報だ。」
「私はバイク用の雨具を持っていない。」
「バイクで出かけるとズブ濡れになりそうだ。」

「バイクで出かけるとズブ濡れになりそうだ。」
「私は雨に濡れずに出かけたい。」
「雨に濡れない方法で出かけるべき。」

「雨に濡れない方法で出かけるべき。」
「私は車を持っている。」
「車で出かけよう。」

このように論理構成上必要な前提が隠れていると、後で大きな誤解を生んでしまうケースがあります。

自分が人に物事を伝える場合は、前提条件とセットで伝えることで、不要な誤解を避けることができます。

また、他者が前提を省略して話しきた場合は、その人がどんな前提で言っているのか確認する必要があります。

ちなみに、テレビの討論や新聞の社説を読んでいて、文章がわかりにくいか、何となく納得できないとか感じてしまう場合、論説の中に重大な前提が省略されている可能性があります。

 

演繹法を図解すると論理の妥当性がわかる

演繹法の論法は、ルールと観察事項がどのような関係になっているかを図式化することができます。

関係性を図式化することで、論理の妥当性を確認できるようになります。

演繹法の例

 

演繹法の前提条件を疑うことがイノベーションの第一歩

演繹法で使われる前提条件を疑うことは、イノベーションにもつながります。

例えば、次のような演繹法を使った論理展開があるとします。

ルール「専門書籍は売れない。」
観察事項「彼は専門書籍を中心にして本屋を開こうとしている。」
結論「彼は失敗するだろう。」

これは、インターネットが登場する前の書店業界の話でした。

しかし、インターネットの登場により、リアルな書店では売れない専門書籍を集めるて、全国に販売することで商売ができるようになりました。

これを創業初期にやったのが、Amazonです。

このように世の中で常識的に語られている前提条件を疑ってみることで、イノベーションの種になるかもしれないのです。

 

帰納法:複数の観察事項から結論を導く論法

帰納法とは、いくつか観察される事項から一般論を導く思考方法のことです。

帰納法には例えば次のようなものがあります。

観察事項1「A市場には参入機会が大きい」
観察事項2「A市場の競合は少ない」
観察事項3「A市場では自社の強みが生かせる」
結論「A市場に参入しよう」

帰納法は、演繹法と違い自動的に結論が導かれることはありません。

したがって、結論となる主張が弱すぎないように、かつ論理が飛躍しないように想像を働かせる必要があります。

上の例だと、以下のように、いくつかの結論が考えられましたが、この3つの観察事項から言える範囲として妥当な結論として、「A市場に参入しよう」を選択しています。

弱い結論:「A市場は魅力的だ」

強い結論:「A市場に参入すれば、自社は10年安泰だ」

妥当に見える結論:「A市場に参入しよう」

 

帰納法を用いる際の注意点

演繹法と同じく、帰納法を用いる際にもいくつか注意すべき罠があります。

間違った観察事項を元に論理展開をしてしまう

帰納法では、観察事項が間違っているため、結論も間違ってしまうという状況です。

「愛知県は海に面している。」
「岐阜県は海に面している。」←間違った情報
「三重県は海に面している。」
→「愛知、岐阜、三重の東海三県は全て海に面している」←間違った結論

この場合、岐阜県は海に面していないのに、海に面しているという誤った情報から結論が出されているので、結論自体も誤ったものになっています。

不適切なサンプリング数で論理展開してしまう

これは、観察事項となる事柄のサンプリング数に問題があって、正しい結論を導き出せていない状況です。

「彼の友人のF君は広島県民だ。」
「彼の友人のG君は広島県民だ。」
「彼の友人のH君は広島県民だ。」
→「彼の友人には広島県民が多い。」

「彼の友人」が全体で5人くらいなら妥当な結論かもしれませんが、彼の友人が50人くらいいる場合は、サンプリング数が少なすぎて一般的に言える結論ではないでしょう。

後者の場合(友人50人)の場合、上の情報から言えることは、「彼の友人には広島県民が3人以上はいる」ということまででしょう。

 

帰納法の図解方法

演繹法と同じように帰納法も図式化することで、論理の妥当性を測ることができます。

帰納法の例

 

まとめ

以上が演繹法と帰納法の解説でした。

ここで解説した演繹法と帰納法を使いこなせるようになるだけで、論理思考力はグッと高まることでしょう。

  • よく使われる論理展開の方法として、演繹法と帰納法がある。
  • 演繹法は、ルールと観察事項から結論を導く論法。
  • 演繹法では、間違ったルール、先入観、古いルールに注意が必要。また、前提条件が隠れたまま論理展開していないかも要チェック。
  • 演繹法の論法を疑うことは、イノベーションにもつながる。
  • 帰納法は、複数の観察事項から結論を導く論法
  • 帰納法では、間違った観察事項、不適切なサンプリングに注意が必要。

ロジカルシンキングのおすすめ記事はこちら>>>

 

演繹法と帰納法を応用した考え方

【徹底解説】ピラミッドストラクチャーとは【作成方法を事例付で紹介】 こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。 この記事では、ビジネスパーソンとして習得しておきたいロジカルシン...
【自分の頭で考える力を伸ばす】知識と情報を加工するスキルを身に着けよう このような悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。 私も、若いときに自分で考えろと言われ、そもそも何から考えればよ...

 

ロジカルシンキングをもっと知るには

【おすすめ】ロジカルシンキング・問題解決の本14冊【セーシン図書館】 こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。 ロジカルシンキング(論理的思考)・問題解決に関連する、おすすめの...
ABOUT ME
アバター
セーシン
元サラリーリーマン管理職で新規事業、海外駐在などを経験し、現在は独立して法人向けコンサル等、いろいろやっています。サラリーマン時代には15年間副業やっていました。 ツイッターアカウントはこちら
おすすめ記事