ロジカルシンキングを鍛える

【徹底解説】ロジックツリーとは 作成方法 5つのステップと事例

ビジネスパーソンにとって、必須のロジカルシンキングのツールに「ロジックツリー」があります。

ロジックツリーとは、文字どおり論理を構成するツリー状のもので、表層に見えている問題から真の問題に深掘りするときに大変役に立つツールです。

この記事では、ロジックツリーの概要と作成方法について事例を交えながら解説していきます。

ロジックツリーの事例

交通手段は、陸路、空路、海路と分けることができます。陸路はさらに電車、車、徒歩・・・などと分けていくことができます。さらに電車なら新幹線、在来線に分けていくことができます。さらに新幹線なら自由席、指定席(あるいは禁煙席、喫煙席)に分けられます。

この一連の分解を図にしたものが下の図です。

ロジックツリーの例

ロジックツリーにすることで、方法を網羅的に考えることができます。

実際にロジックツリーを構成するときは重要なところだけ掘り下げます。例えば、大阪から東京に行くのにクロールで行くかバタフライで行くかを真剣に検討しても仕方ありません。

しかし、原因究明や問題解決のためには、いらないと思う部分も上位の方で網羅してほうがよいでしょう。検討した上で切り捨てるのと、始めから検討しないのとでは大きな違いがあるからです。

よく、原因を突き止めるために何故を5回繰り返せと言いますが、ロジックツリーも5階層くらい作るとよく分析できるそうです。(逆に5階層くらい掘り下げないと誤った判断になる可能性が高くなります。)

ロジックツリーで重要なのは、最初の階層はできるだけ上位概念で分けることです。上の交通手段の例で、最初の階層からいきなり「車、飛行機、船・・・」とやり始めると切り分けが大変になり、モレが生じやすくなります。

上の例のように「陸路、空路、海路」とか「人力で動かすもの、動力のあるもの」など、最初は大きな枠組みで考えるとモレが少なくなります。

ロジックツリーのメリット

①問題の全体把握が容易
ロジックツリーを広く、深く構成すると問題の全体像が明確になります。全体像が把握できると、一押しだった案がダメになっても、別の案をすぐに容易できるというメリットがあります。また、広く検討した上での最善の結論であるということがわかりやすいので、交渉やプレゼンでの説得力が増します。

②議論のズレを修正できる
上の例でいうと、「新幹線の自由席」と「レンタカー」の優劣を論じても、お互いの階層が異なるので優劣を比較できません。この場合は、「電車」と「車」といった同じ階層のもので優劣を論じる必要があります。(上の例ではまずありませんが、実場面では階層のズレたところで議論を戦わすことがよくあります。)

ロジックツリーの作成方法

ここでは、ロジックツリーの作成方法を解説します。

ロジックツリー作成ステップ1.顕在化している問題を探す

ロジックツリーの場合、出発点に設定するのは、原因を掘り下げて考えたい問題や解決すべき課題になります。

前者の場合だと、「なぜ売上が落ちているのか?」、「なぜ在庫水準が多いのか?」などが出発点になります。

後者の場合だと、「売上をあげるには?」、「来客数を増やすには?」といったことが出発点になります。

ロジックツリー作成ステップ2.出発点の問題を分解する

次に、出発点の問題を分解する必要があります。分解とは、いくつかの要素に切り分けることです。要素の切り分けの際にはMECE を強く意識する必要があります。

【3分でわかる】MECEとは ロジカルに考えるための基礎となる概念以下のページでロジカルに物事を考えるには、演繹法と思考法が必要と書きましたが、もうひとつ重要な思考方法があります。 https:/...

ロジックツリー作成ステップ3.MECEの切り口を考える

頂点の問題をMECEに分解しくといっても、MECEの切り口には様々なものがあります。例えば、車のディーラーで、売上が落ちているといった場合、MECEの切り口には次のようなものが考えられます。

・車種別 ・顧客の年齢層別 ・燃費別 ・店別 ・月別

など、他にもたくさんあります。

切り口を考える際に重要なのは、何を知りたいかです。A支店の売上が悪そうだという仮説を持っているのに、車種別の売上を調べても効果は薄いでしょう。MECEの切り口を考える際に、その切り口で切るとどんなことがわかるのかも、併せて考える必要があります。

分解切り口の参考ページ

【5分でわかる】現象をモデルで考える(フェルミ推定とは)「ネット通販における日本酒市場の規模はどの程度ですか?」 こんな質問をされると、答えに詰まってしまいませんか? 実は、こうし...
ROAツリー 売上高の分解 経営指標に適用するロジックツリーの事例ロジックツリーを使うと、様々なものを分解して表現することができるようになります。この記事では、ロジックツリー使った経営指標の分解例として...

また、MECEの切り口を作る際には、広く知られているフレームワークを参考にしてもよいでしょう。

ロジックツリー作成ステップ4.MECEの分解パターン

MECEに分解するための3つの代表的なパターンを紹介します。

足し算型(同質のものの組み合わせ)
足し算型とは、全てを足し合わせると全体になるような分解の仕方です。足し算型には次のような例があります。

売上 = A店の売上 + B店の売上 + C店の売上 + D店の売上

掛け算型(異質の組み合わせ)
掛け算型とは、全てを掛け合わせると全体になるような分解の仕方です。掛け算型には次のような例があります。

売上 = 従業員1人あたりの売上 × 従業員数

プロセス型
プロセス型とは、結果に至るまでの行為をプロセスで分解するパターンです。例えば、顧客の購買に至るまでのプロセスAIDMAを使うと次のような分解できます。

商品を買ってくれない訳
=そもそも商品を知らないから + 知っているが興味がないから
+ 興味を持っているが欲しいと思わないから + 欲しいと思うが動機がないから
+ 動機はあるが行動できないから

AIDMAモデルとは AMTULモデルとは 顧客の購買プロセスマーケティング策を考える上で重要なことの一つに、顧客の購買プロセスを具体的に考えることがあります。顧客購買プロセスを正しく理解できると、...

 

分解のコツ

分解する際に、必ずMECEに分けるコツは、「XとX以外」という分け方です。基本はこれでOKです。ただし、X以外に情報の8割くらいが入るようでは、切り方が甘いといえます。その場合は、X以外の中で、いくつか分解できないか、再度考える必要があります。

ロジックツリー作成ステップ5.分解したものがMECEがどうか確認する

上記のように、車のディーラーの売上を店別に分解すれば、必ずMECEになります。しかし、場合によっては、分類の仕方がMECEかどうか判別しにくい場合があります。そういう場合は、具体的な例をいくつか出して確認することが必要です。その例が、どの分類にも属さない場合は、モレがある状態ですし、2つ以上の分類に属してしまう場合、ダブりがある状態といえます。

例えば、世の中の飲み物の容器をMECEに分解するときに、缶、瓶、ペットボトルと分けたとします。ここで、紙パックという例を出せば、分類の仕方がMECEではないということがわかるので、分類の仕方を変える(少なくともその他を加える)必要があります。

ロジックツリーの完成例

上記ようなプロセスを踏んでロジックツリーを作ると、以下のようなロジックツリーが出来上がります。ここでは、出発点の問題点が「なぜ売上が下がったのか?」で、それをMECEで順番に分解しています。

「なぜ売上が下がったのか?」に対するロジックツリーの例

f:id:n_spirit:20181101005236p:plain

まとめ

ロジックツリーは、大きな問題を解決可能な小さな問題に分解するのに大変適しています。最初は難しくても、慣れればスピーディーに作成することができるので、問題解決場面で是非使ってみてください。

【5分でわかる】問題解決手法 4つのステップ 解決方法を解説問題があるときに、その問題を漠然と眺めながら何となく思いついた方法を試すだけでは、なかなか解決に導くことはできません。したがって、問題を...

 

問題解決をもっと知りたい方は

 

ロジカルシンキングの参考記事

ロジカルになるには基本的な論理構築パターン「演繹法」「帰納法」を学ぼうロジカルシンキングを考えるときには、基礎的な論理構築の方法を習得することが不可欠です。なぜなら、この基本ができていないと応用を効かせるの...
【徹底解説】ピラミッドストラクチャーとは 作成方法 5つのステップ・事例ビジネスパーソンとして、是非習得しておきたいロジカルシンキングの基礎「ピラミッドストラクチャー」を紹介します。これは、このブログでも紹介...