おすすめ本・講座

【40代・50代向け】出世できなくなくても人生の競争で勝つ「50代からの稼ぐ力」より

 

もうこれ以上、出世はできないだろうな

40代後半から50代になると、出世競争の先もおおよそ見えてきて、こんなことを感じている人も少なくないと思います。

このように40代、50代で出世できないとわかったら、どのようにすればよいのでしょうか。

その答えの1つを示してくれるのが、私のおすすめのビジネス書のうちの一冊でもある「50代からの稼ぐ力」です。

この本は元マッキンゼーの有名コンサルタント大前研一が書いた、50代に向けてエールを送る本ですが、実際には40代の人にも十分に適用できる内容です。

  • 2040年に3人1人が65歳以上になる中で、従来の老後という概念はない
  • もう●歳だからという言葉は禁句

大前氏自身も80歳を超えて、なお元気で、仕事や趣味に打ち込んでいる様子です。

以前の著書にも「やりたいことは全部やれ」、どんなに仕事で忙しくてもプライベートの予定を決めて、それをやりきれと書いていましたが、今でもその本のとおりに活動しています。

そんな大前研一が書いた「50代からの稼ぐ力」の印象に残った箇所と感想を書いていきます。

 

「50代からの稼ぐ力」6つのポイント

本書の中で、特に重要と思ったポイントを6つあげます。

 

定年後の魔の15年

現在の年金受給年齢は65歳で、会社の定年である60歳から5年間あります。

それが「魔の5年」と呼ばれているそうですが、今後年金受給年齢が75歳にまで引き延ばされたら、「魔の15年」時代が到来するというわけです。

仮に定年が65歳まで延長されたとしても「魔の10年」になります。

大前氏は、この「魔の15年」に対して必要となる金額を定量的に試算していて、仮に15万円/月の生活費が必要だとすると、15年間で2700万円が必要になるとしています。

このような定年後の生活を支えるための稼ぎを得るためには、稼ぐ力が必要で、それは遅くとも50代のうちから磨いておく必要がある論じています。

 

会社にいる間に新しいことにチャレンジする

50代なら、強制的なリストラにあわない限りは、幸いにしてまだ会社で働けます。

その間に、会社を実験台にして様々なトライアルを会社に提案して実行するべき。

そのトライアルの中で、「会社の名前」から「個人の名前」で仕事ができる土壌を作れというわけです。

本書では、自分の「値札」と「名札」作りなさいと書かれています。

その中でも、特にIT関連のスキルを磨くことが重要だとしています。

特に日本の中小企業ではIT化が非常に遅れているので、中小企業で将来大きな需要が発生することを見込んで、今のうちにITで使えるスキルを磨きなさいというのです。

その例として、「勘定奉行」のような経理ソフトを使いこなせるようにするとか、サイバーマーケティングのスキルを身につけるということを提案しています。

特に今後は企業の副業解禁の流れが加速していくので、副業の一環としてそうしたスキルを身に着けようという提言なのです。

 

ドゥ・モア・ベターからの脱却

ドゥ・モア・ベターとは、より良いものを作る・売るという発想です。

従来までの競争では、このドゥ・モア・ベターの発想こそが競争優位だったのですが、今の時代、この発想では細かい技術競争の消耗戦になるばかりで勝ち目はない。

だからといって、価格競争をすれば、極論いうと社員の給料を削らないと勝ち目がないという世界になってしまいます。

 

様々な事象を当事者目線で考える

これは大前氏が他の著書でも繰り返し書いていることです。

現代に生きるリアルな登場人物をベースに、当事者意識を持って頭をつかってみようというわけです。

本書で、例として出ているのはTSUTAYAを展開する「CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)」の社長になったらどうするか?北朝鮮の金正恩になったら、どのようなアクションをとるか?

このような投げかけがされています。

大前氏は、そこに唯一絶対の答えを求めているのではなく、答えのない問いに対して、何らかの説得力を持った答えを導き出す訓練をすべきだと言っているのです。

 

IT・ソフトウェアの知識・スキルが大事になる

今の50代の人は、IT・ソフトのスキルが少ない人も多いと思うので、会社の定年になるまでに勉強してスキルを身に着けておくのがよいでしょう。

本書で書かれているようなソフトウェアの操作スキル程度であれば、50代でも全く問題なく習得可能でしょう。

 

顧客ニーズを掴むスキルも重要になる

先ほど、印象に残った箇所のひとつとしてあげたドゥ・モア・ベターからの脱却。これは、言い換えると顧客の真のニーズを掴もうということだと解釈できます。

ハードウェアに関していうと、今の顧客は細かい機能競争や価格競争は望んでいないでしょうし、そもそも顧客は専門家ではないので、機能を理解もできません。

そんなところでドゥ・モア・ベターをやっても今の顧客に響かないのは明確です。

では、どのように顧客ニーズを見つければよいのか?

それは、この後に書いていきます。

 

40代・50代で準備すべきこと

本書の内容を踏まえて、私なりに40代、50代で準備すべきことを挙げていきます。

 

負荷のかからない副業から始めてみる

例えば、、ソフトウェアの操作スキルの習得、顧客ニーズの把握と、値札・名札作りを同時にできるアイデアとして、ビザスクのようなスポットコンサルで仕事を受ける方法があります。

ビザスクで大きく稼ぐことはできませんが、1回あたりのコンサルも1時間なので、負荷は少ないです。

自分の値札と名札を作る練習として、最適の場と言えるでしょう。

関連記事:【ビザスク体験談】時給1~3万円の副業コンサル【評判は?】

それ以外にもクラウドソーシングや、複業プラットフォームを利用して、仕事を受注したり、顧客のニーズを把握したりする感覚を養うとよいでしょう。

詳細は以下のリンク先に書いています。

関連記事:在宅勤務のスキマ時間でできる副業【サラリーマン向けのおすすめ】

 

むしろ平社員の方がチャンスがある

出世を目指して仕事をしてきた人にとっては、出世ができないとわかるのは、もしかしたら悲しい現実かもしれません。

しかし、私の経験上、サラリーマンというのは、出世すると組織のしがらみで様々な雑務が増えますし、一旦給与の高い役職についてしまうと、どうしてもその役職を維持する方向に行動してしまうものです。

つまり、かえってチャレンジしにくくなるのです。

そういった意味では、会社の中でも気楽なポジションである課長や平社員くらいでいるほうが、様々なチャレンジをしやすく、自由に動き回って情報収集できることでしょう。

もし、課長どまり、平社員どまりで、出世の目がないと思っているのであれば、逆にそのチャンスを活かして、会社を活用して定年以降に生きる術を身につけておくのもよいでしょう。

どれだけ会社で出世して偉くなったとしても、定年後も会社から必要とされるのはほんの一握りの人だけで、ほとんど人は定年後にただの人です。

出世できないことを逆手にとって、今のうちに準備しておくことで、定年後の競争では一歩先を行ける可能性は十分にあるはずです。

 

まとめ

以上、大前研一氏の「50代から稼ぐ」をベースに、50代で出世できないとわかった人がやるべきことを書いてみました。

定年後の生活に不安を感じる方は、本書を読んでみてはいかがでしょうか。

大前氏の考えがひとつの見方として参考になるかと思います。

 

仕事に役立つ知識や能力を

オンライン講座で
プレゼンなどのビジネススキルを
1講座単位で学べます!

\15万講座から選べる/

おすすめ講座10選を見る>>