海外出張・旅行情報

韓国ソウルではタクシーよりもUBERアプリ【使い方を解説】

 

韓国・ソウルで街中を移動する際に便利なのがタクシーです。

ソウル市内だと地下鉄も便利ですが、市街を大回りして走っている線も多く、目的地によっては大回りする分だけ時間がかかることもあります。

その点、タクシーだと目的地までダイレクトで運んでくれるので、時間を大きく節約して移動することもできます。

しかし、タクシーの難点は言葉が通じないことではないでしょうか。これはどの国のタクシーにも言えることです。

特に韓国のタクシー運転手は、ほぼ英語ができないので、道を詳しく說明しようと思うと韓国語ができないと辛いです。

一方で、韓国では配車アプリ「カカオタクシー」が人気ですが、韓国でしか使えないという難点があります。

そこで、登場するのがグローバルにサービスを展開しているUBERです。

UBERの利点

  • 目的地を入力すれば、ナビがドライバーを案内してくれるので、運転手との会話が不要
  • ボッタクリの心配がない(後で書きますが、ドライバーを評価できる仕組みがあります)

この記事では、そんなUBERの使い方を解説していきます。

 

広告

UBERアプリを事前にダウンロードして登録する

まずは、スマホのUBERアプリを事前にダウンロードしておきましょう。

ダウンロードしたら、名前やクレジットカードなどの必要情報を事前登録しておきましょう。

また、UBERに似たアプリとして、DIDI(中国)やGarb(東南アジア)がありますが、一度UBERの使い方に慣れておくと、これらのアプリも簡単に使いこなすことができます。

Grabの活用方法は以下の記事をご覧ください。

【出張者必見】シンガポール版UBERのGrab(グラブ)は移動に超便利!使い方を解説海外で困ることのひとつとして、現地での交通手段があります。 「タクシーに乗って、行き先を正しく伝えられるか?」 「そもそも言...

 

広告

UBERの使い方

ここからは、アプリを事前ダウンロードして、名前とクレジットカードが事前に登録できている前提で話を進めていきます。

 

UBERアプリを開いて目的地を入力する

まずUBERを使いたい場合は、UBERアプリを開きます。

そうすると、次のように目的地の入力画面が出てきます。

 

車種を選択する

目的地を入力すると、所要時間(この場合は10分)と、車種・おおよその料金が出てくるので、その中から選ぶことができます。

韓国の場合は、メータータクシー、インターナショナルタクシーと、UBER BLACKを選べます。

おすすめはインターナショナルタクシーです。英語が通じる人が来てくれるので安心できます。

UBER BLACKだと、少し値段が高いですが、高評価のドライバーが高級車を運転して迎えにきてくれるので、ちょっとリッチな気分を味わいたいならUBER BLACKを選びましょう。

 

車の到着を待つ

車を選ぶと以下のような画面になり、今どこを走っているのかという情報と、迎えに来てくれるまでの時間を示してくれます。

ちなみに、この画面ではUBER BLACKを手配、ドライバーも5段階評価の4.91と高評価でした。(ドライバーの顔と、車のナンバーは個人情報なので、画像上は伏せてあります)

 

車が到着し、乗った後は目的地まで運んでもらう

車に乗った後は、ナビにしたがって目的地に向かってくれます。

同じ画面がドライバーの持っているスマートフォンに出ているので、乗車中は一切会話をすることなく過ごせます。

 

ドライバーを評価する

無事目的地に到着すると、UBERアプリが評価を促してきます。

ここで5段階評価の星印に評価を入れたら完了です。

画面上でチップを選択することもできるので、対応が感動できるレベルであれば、チップを払ってあげてもよいでしょう。(私はチップが習慣になっているアメリカ以外では、チップを選択したことはありません)

 

領収書を受け取る

目的地に到着すると、登録したメールアドレス宛に領収書が送付されてきます。

以下のようにメール本文に料金明細と、実際にどこからどこまで乗ったかが地図付で出てきます。

出張時は、このメールの内容をそのまま印刷して、領収書として添付することで経費精算できます。

 

実際に韓国でUBERを使ってみた感想

私はアメリカなど、他の国でもUBERを快適に利用していますが、韓国でも他の国と同様に快適に利用しています。

冒頭に書いたとおり、言葉の通じない運転手との会話が不要で、ボッタクリの心配がないUBERなら、安心して移動できます。

 

広告

韓国でのUBER ネット上の評判

韓国でのUBER利用について、ネット上でも反応を見てみましたが、悪い評判は見当たりませんでした。

 

 

海外で便利なWIFI+充電用コード・変換プラグ

海外でUBERを使おうと思うと、当然スマホがネットワークに繋がっている必要があります。

しかし、日本の携帯電話会社のローミングサービスだと、1日1,500円など料金が高くなってしまいがちです。

そこでおすめしたいのが、日本の出発空港で手軽にWIFIルーターを受け取れるイモトのWiFiです。自宅への郵送も可能です。

韓国だと、680円/日からWIFIルーターをレンタルすることができます。

▼▼公式サイトからレンタルする▼▼

イモトのWiFi

 

一方で、渡航頻度が多くなりそうな方には、SIMフリーWIFIルーター+SIMカードをおすすめしています。

この組み合わせならSIMカードを挿すだけで、面倒な設定なく現地で使うことができます。

バッテリー容量も大きく丸1日電源ONにしていても電池が無くなることがなありません。

加えて、スマホの充電用バッテリーとして使うこともできる優れものです。

私は韓国に行くときは、以下のSIMカードとセットで使っています。

SIMカードは、6日間使えて800円なので、年に6-7回渡航するなら、WIFIルーター+SIMカードの組み合わせの方がお得になります

またWIFIルーター自体は、対象国のSIMカードを利用すれば、他の国でも使うことができます。

海外への渡航頻度が多い私は、以下のセットを渡航時に常に持ち歩いています。(写真は欧州渡航時のセットです)

おすすめWIFIルーター+SIMカード

また、韓国では日本とコンセント形状が異なるので、変換プラグを持っていきましょう。

ホテルで電子機器を充電するのに延長コードがあると便利なので、以下のように延長コード+変換プラグという形で持っていくことをおすすめします。

そんなときに役立つのが延長コードです。以下の商品なら変換プラグとセットになっているので、出張先のホテルでも大変便利です。

Amazonで購入する>>

 

私は、出張用のキャリーバッグに、この延長コードと変換プラグを常備しています。延長コードは国内出張でもそのまま使うこともできます。

なお、海外の電圧やコンセント形状については、以下の記事に詳細をまとめています。

【全世界を完全網羅】海外の電圧・コンセント形状一覧【おすすめ変換器具も紹介】 海外に出張や旅行をする際、事前確認しておきたいものの1つに、電圧とコンセントの形状があります。 私も海外出張に慣れていない...

 

まとめ

以上が韓国でUBERを使う方法でした。

  • 韓国では流しのタクシーよりもUBERの方が便利。運転手との会話不要で、ボッタクリの心配もない。
  • UBERを事前にダウンロードして名前とクレジットカードさえ登録しておけば、あとはアプリを開いて目的地を入力するだけで簡単に操作できる。
  • UBERを使う際にはWIFIルーターを忘れずに用意する必要あり。おすすめは、日本の出発空港で手軽に受け取れるイモトのWiFi
  • 延長コード+変換プラグは、こちらの一式セットがおすすめ。

海外渡航する際のおすすめをまとめた記事もあわせてご覧ください。

【海外出張歴100回以上】出張で準備すべき8つのポイント(持ち物・アプリ・WIFIなど) 「今度海外出張に行くのだけど、どんな準備をすればよいの?」 「何回か海外出張に行っているけど、毎回準備に試行錯誤している」...

 

広告
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外、独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することなど、ビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるための情報を発信しています。 ツイッターアカウントはこちら