マーケティング

【認知バイアス】フレーミングとは【価格設定への応用を解説】

 

こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。

行動経済学における認知バイアスの1つにフレーミングがあります。

このフレーミングは、相手との交渉の際にも使える考え方ですが、製品やサービスの値付けの際にも活用できる考え方でもあります。

この記事では、フレーミングとは何か、そしてフレーミングを価格設定の際にどのように応用できるかについて解説していきます。

 

フレーミングとは

フレーミングとは、物事の提示方法や見る角度によって印象が変わって、その結果として判断も変わるバイアスです。

(※バイアスとは、認識や考えの偏りのことです)

例えば、多くのスポーツドリンクにタウリンという疲労回復成分が入っています。

このタウリンの分量表示をみると、たいてい以下のような表示になっています。

「タウリン3,000mg」

もし、タウリンの分量を以下のように表示されていたらどうなるでしょうか。

「タウリン3g」

この2つ、物理的には全く同じ分量ですが、3,000という数字の方が、3という数字よりもはるかに大きく見えてしまいます。

このように、分量表示に対して受ける印象が変わってしまうことは、フレーミングの1つとされています。

 

人間は絶対値の基準を持っていない

フレーミングを考える上で、考えておくべき大事な前提は、人間は絶対音感のような絶対的な基準を持っていないということです。

例えば、10,000円の便利商品を見たときに、10,000円を安いか?高いか?と判断するときには、その10,000円でできる他のことを無意識に想像して比較しているのです。

例えば、このようなことを考えるのではないでしょうか。

10,000円も払うくらいなら、似たような商品で3,000円くらいのものにするか。

10,000円もあれば、美味しいものが食べられるし、少々我慢して生活しようかな。

このように、高いか安いかは、比較の中で検討されているのです。

また、この比較をする際に基準となる事柄は、人によって異なります。

例えば、10,000円を日々の食事に置き換える人にとっては、高いという印象になるでしょうが、飲み代と比べる人にとっては、そこまで高くないという印象になるかもしれません。

つまり、整理をすると、以下のようになります。

  • 人は価格を比較するときに、無意識に何かと比較している
  • その比較対象は人によって異なる

 

フレーミングを価格設定に応用する方法

このように人間は、価格に対する絶対的な基準値を持っておらず、比較対象となるものが提示されていないと、好き勝手に基準を決めて解釈してしまうのです。

こうした基準を売り手側から提示するときに、フレーミングは大変有効です。

では、どのようにフレーミングを応用すればよいのか。

ここからは、フレーミングを値付けに応用する方法を2つ紹介していきます。

 

値段の見せ方を変える

先ほどのタウリンの例のように、数字の単位を変えることが有効です。

例えば、毎日使う家電製品の価格が5万円だとしたときに、単に「5万円です」と表現すると高いと思うかもしれません。

ところが、

仮に5年間使うとすると、1日に換算でたったの27円ですよ。

と言うと、かなり印象が変わってくるのではないでしょうか。

5万円と聞くと、「飲み会10回分か」と考えてしまうかもしれませんが、1日27円と聞くと、「毎日ちょっとした節約をするだけでよいのか」と考えるようになるかもしれません。

 

顧客にとって価値が高いものと比較する

顧客にとって、値段に比べて得られる価値が高いことを訴える方法もあります。

例えば、先ほどと同様に5万円の家電製品を販売するときに、

国内旅行1回分の値段で、毎日の快適が得られるんですよ。

と言うと、たった1回きりの国内旅行の我慢と、毎日の快適さを比較することができるようになります。

また戸建てのマイホームを売るときによく使われるのが、以下の文言です。

賃貸の家賃を払うのと同じ値段で、夢のマイホームが持てるんですよ。

これはローンを組んでマイホームを買うときの話ですが、賃貸よりも価値の高いと思われる持ち家を賃貸と同じ価格で手に入れられるというフレーミングをしているのです。

他にも、自分のコンサル料を上手に比較した例もあります。

独立コンサルタントの和仁氏は、独立当初に15万円/月のコンサルフィーを設定しましたが、そのときに価格の妥当性を説明した方法が著書に書かれています。

税理士だったら月3~5万円ぐらい、社労士だったら月2~3万円ぐらいというように、もちろん内容によっても違いますが、たいたいそれぐらいという相場観が社長の頭の中にはあるわけです。

(中略)

じゃあ、どうしたらいいか考えました。僕がまず発想したのは、「自分のコンサルは、客観的に見てどれぐらいの価値をもつか?」です。

(中略)

「役割」は幹部社員と比べられたい。

(中略)

報酬は誰と比べれられたいか、というと「新入社員の給料と比べられたい」と発想しました。

年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書から抜粋

和仁氏は、幹部社員の価値を新入社員よりも安く提供するという売り文句で、コンサルティングの仕事を受注していたのですが、これもフレーミングの手法を使っています。

 

価格でフレーミングを活用するときのコツ

価格提示でフレーミングを使う際には、いくつかコツがあります。

 

ターゲット顧客が理解しやすい対象と比較する

まず大事になるのが、ターゲットとする顧客が理解できる対象と比較することです。

例えば、5万円の家電を売る際にゲーム機と比較しても、ゲームをやらない人にとっては、その価値を理解することができません。

また、似たような属性の商品と比較することも大事です。

例えば、嗜好品なら嗜好品同士の比較の方がわかりやすいですし、生活必需品なら生活費需品同士の比較の方がわかりやすいです。

生活必需品ではない5万円の便利家電と、食費を比較して「月2000円の食費を浮かせると思えば。。。」と訴求しても、便利な未来よりも、かえって苦痛が増す感覚になってしまうかもしれません。

 

 

価格で単純比較できない場合は価値を強調する

比較対象とするものが、定量化した価格で表現できないかもしれません。

例えば、人体の苦痛や、日常の手間を伴うものを価格やコストで表すことは難しいです。

そういう場合は、定期的に訪れる苦痛や手間を比較対象にするのが有効です。

あの毎日の煩わしさが、たったの2万円で解消できるんですよ。

こうやって言ってあげると、比較対象が毎日の苦痛と、2万円を払って苦痛が解消された未来との比較になります。

この苦痛が大きければ大きいほど、価値の高いものと見なしてくれるようになります。

 

複数を比較検討して最も効果の高いものを選ぶ

フレーミングをして商品や価格を魅力的に見せる場合は、複数の候補を洗い出して、その中から最も効果の高いものを選ぶのがよいでしょう。

一般消費者に向けて売る商品なら、身近な人に意見を聞いてみるのもよいでしょうし、B2B商品なら、複数パターンを作って顧客ごとにパターンを変えて説明してみて、一番反応のよかったものを選ぶ方法もあります。

 

まとめ

以上、フレーミングの解説と、フレーミングを用いた価格の見せ方の解説でした。

  • フレーミングとは、物事の提示方法や見る角度によって印象が変わって、その結果として判断も変わるバイアスである。
  • フレーミングは価格提示の際にも応用可能である。フレーミングの活用方法としては、値段の見せ方を変える、顧客にとって価値が高いものと比較する方法がある。
  • 価格提示でフレーミングを使う際には、ターゲット顧客が理解しやすい対象と比較する、価格で単純比較できない場合は価値を強調する、複数を比較検討して最も効果の高いものを選ぶことが重要である。

 

マーケティングに関するおすすめ記事はこちら>>>

 

マーケティング理論についてもっと知るには

【おすすめ】マーケティング・法人営業の本20冊【セーシン図書館】 こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。 マーケティングに関するおすすめ本を一挙20冊紹介します。 ...

 

価格戦略に関する記事

【5分でわかる】価格戦略の基本・価格を決めるときに考慮すべき3つのポイント 価格はマーケティング・プロセスの中で、唯一利益の創出を決定づけるものです(他のプロセスでは市場規模の把握や投資・コストの決定しか...
【徹底解説】場面別の価格戦略・価格の決め方・種類・事例 以下のページで価格戦略の基本を解説しているように、実際には特定のケース別に様々な価格戦略があります。 https://ww...

 

ABOUT ME
アバター
セーシン
40代でサラリーマンを辞めて独立、現在は国内外からコンサルや顧問などの業務を受託するフリーランスです。20代から書き溜めた学び(ビジネスの基礎知識や経験談)をこのブログにまとめています。 ツイッターアカウントはこちら
おすすめ記事