グローバル・異文化・英語

【体験】上海の海底労(ハイディラオ)に行ってみた【中国で人気の火鍋屋】

 

先日、中国の海底労(ハイディラオ)という人気の火鍋店に行ってきました。夜普通に店に行くと、1時間待ちは当たり前、2時間くらい待つこともある超人気店です。

そんな海底労に行ったレポートを簡単にまとめました。

 

広告

海底労とは

上海 海底労

海底労は1994年に中国四川省出身の夫妻が開業、現在では中国の他に、東京、ソウル、シンガポールでも営業するなど、店舗数は2018年9月時点で約360店舗。

2018年9月26日に香港市場にIPOを果たして、創業者夫妻の資産は約9000億円になったそうです。

その海底労が提供する火鍋とは、簡単に言うと中国のしゃぶしゃぶです。

こちらは、私が実際に海底労で食べた火鍋で、きのこベースのスープ(左側)と唐辛子の効いたスープ(右側)の2つの味を堪能しました。

上海 海底労上海 海底労

 

 

具材には、肉、魚介、野菜などが使われます。

広告

海底労のサービス

火鍋は、使う具材で味がある程度決まってしまうので、差別化の難しい商品ではあります。しかし、そんな中で海底労は味以外のサービスを徹底的に差別化して、中国では大人気になっています。

ここでは、そのサービスの一部を紹介していきます。

 

店外でのサービス

先ほども書いたように、超人気店なので、1時間、2時間待ちは当たり前です。そのために店外で待つ人の数も多いのですが、その順番を待っているお客さんに対して様々なサービスがあります。

まず、こちらのように店外で待つお客さんのために椅子とテーブルが用意されています。

上海 海底労

椅子に座ると、従業員からこのようにスナックとお茶が準備されていきます。もちろん無料です。(厳密には、飲食代にチャージされているのでしょうが)

上海 海底労

また、女性に対しては、このようなネイルのサービスもあります。こちらももちろん、無料で施術を受けることができます。

上海 海底労

この店は中山公園という繁華街のところにある老舗の百貨店の中にあるのですが、海底労の最寄りのトイレだけは、ピカピカに改修・整備されていました。

海底労がお金を出して改修したそうです。

 

店内でのサービス

こちらが店内の様子です。特別なところはないですが、非常に清潔に保たれています。

上海 海底労

席に着くと出されるのが、こちらのおしぼりとスイカです。印象的だったのが、このおしぼりで、中国では珍しい熱々のおしぼりです。こういう細かいところにも配慮が行き届いています。

上海 海底労

店員は終始笑顔で対応してくれて、お茶のおかわり、スープのアク取り、不要な食器を下げるタイミング等々を完璧にこなしてくれます。

中国の一般の火鍋屋ではあまり体験できないサービスです。

 

さらに近くの席には、このような誕生日を祝う飾り付けがありました。事前に誕生日(もしくは誕生日近く)の人を祝ってもらえるように予約しているのでしょうが、火鍋屋でこのようなことをやるのは、あまり見たことがありません。

上海 海底労

締めの麺を頼むと、麺を持った人がテーブルまで来て、そこで麺打ちの実演を見せてくれます。

 

さらに海底労は、北京にスマートレストランをオープン。

配膳ロボットや具材をピックアップするロボットアームなども用意した店舗になっていて、IT化された飲食店の実験もしています。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

火鍋チェーンの「海底撈」がスマートレストランを開業、飲食業を改革

河野大臣のツイッターに動画が掲載されていたので、あわせて添付します。

 

海底労の値段

これだけ至れり尽くせりの中、気になる食事のお値段ですが、今回2人で行ってアルコール無しで220元(約3,500円)程度でした。

中国の一般的な火鍋屋だと、同じような食材で、同じくらい分量を食べたときの相場が150元(約2,400円)程度。したがって、海底労の値段は相場の1.5倍程度になります。

それでも、これだけの人気を誇っているので、いかに中国人の人たちが食材だけでなく、そのサービスに価値を見出して対価を支払っているかがわかります。

 

広告

海底労からわかる示唆

今回、海底労に行って感じたことが2つあります。

 

中国人がサービスに対価を支払うようになってきた

中国人は物やサービスを買うときに、物の原価や他店との比較を大変気にします。言い換えると、原価に見合うお金しか出さず、他店より高いお金を理由なく払うことを嫌う人が多いということです。

しかし、海底労の繁盛ぶりを見ていると、普通の火鍋屋に比べて1.5倍の値段でも、これだけの人気になるということは、そのサービスの対価として妥当であると認めていることになります。

これは単に海底労のサービスが良いということを示しているだけでなく、中国人がモノ以外のサービスにお金を支払うようになっているというトレンドを示しているのだと感じています。

これは、以前行った上海のスターバックス・リザーブ・ロースタリーでも感じたことです。

スターバックス・リザーブ・ロースタリー上海【場所・行き方】感じた中国の変化 先日、上海にあるスターバックス・リザーブ・ロースタリーに行ってきました。 今回は、店の場所・行き方、そこでやったこと、感じ...

 

飲食業にはまだまだ伸びしろがある

先ほども書いたように、火鍋は食材で味が決まります。つまり、差別化できる要素はほとんどありません。

海底労の味は、美味しかったですが、それが他店と比べて群を抜いてよかったかというと、そんなことはありませんでした。

しかし、それでも大人気になっていて、わざわざ高いお金を出して食べに行こうとするのは、食事以外の体験が重要な要素を占めているからでしょう。

日本でも多くの飲食店が味での勝負をしていますが、味以外の付帯サービスの工夫1つで、ここまで人気店にできるというのは、多くの飲食業にとって大いに参考になる事例ではないかと思います。

さらに、海底労は北京でオープンしたスマートレストランの可能性を探っていますが、そちらの今後も参考になるのではないでしょうか。

 

まとめ

私は中国には2008年頃から仕事で関わっていますが、近年の発展は目覚ましく、特に電子マネーの急速な普及を始めとしたIT分野の発展には目を見張るものがありました。

しかし、ここに来て飲食・サービス業もさらなる進化を見ることができるようになってきて、今後もますます目が離せなくなっています。

 

広告
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外、独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することなど、ビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるための情報を発信しています。 ツイッターアカウントはこちら