ロジカルシンキングの習得におすすめの記事11選

 

当ブログでは、論理的思考(ロジカルシンキング)の知識・フレームワークをいくつか紹介しています。

この記事では、そんなロジカルシンキングに関するおすすめしたい11の記事をまとめています。

 

広告

論理的思考(ロジカルシンキング)の基礎

ここでは、論理的思考(ロジカルシンキング)の基礎となるフレームワークを紹介します。

 

演繹法・帰納法

ロジカルシンキングの基礎は、この演繹法と帰納法です。

演繹法とは、前提条件と観察事項から結論を導く考え方、帰納法とは、複数の観察事項から結論を導く考え方です。

この2つは、ロジカルシンキングの能力を高める上で、必須となるものなので、ロジカルシンキングを学びたい方は、まずこの2つをしっかりと理解しておきましょう。

【5分でわかる】演繹法・帰納法とは ロジカルシンキングの基礎となる思考方法ロジカルシンキングを考えるときには、基礎的な論理構築の方法を習得することが不可欠です。なぜなら、この基本ができていないと応用を効かせるの...

 

演繹法と帰納法を活用すると、自分の頭を使って物事を考えられるようになっていきます。

自分の頭で考える力を身につけるのに役立つ【2つの手法】 「少しは自分の頭で考えなさない」 このような悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。 私も、若いときに自分で...

 

MECE

MECEとは、物事を漏れなくダブりなく分けた状態を示します。「MECEに分ける」などという言い方をします。MECEを使うことで、検討漏れや重複検討が無くなるので、物事を効率よく考えることができます。

演繹法・帰納法と並んで、ロジカルシンキングの基礎となる考え方です。

【3分でわかる】MECEとは ロジカルに考えるための基礎となる概念以下のページでロジカルに物事を考えるには、演繹法と思考法が必要と書きましたが、もうひとつ重要な思考方法があります。 https:/...

 

ピラミッドストラクチャー

ピラミッドストラクチャーとは、主張とその根拠を構造的に表したもので、通常は主張を頂点として根拠がピラミッド上に配置されるためピラミッドと呼ばれます。

ピラミッドストラクチャーを活用することで、論理構成を図式化することができ、自分の主張をサポートするためには、根拠として何を言う必要があるかを明らかにすることができます。

【徹底解説】ピラミッドストラクチャーとは 作成方法 5つのステップ・事例 ビジネスパーソンとして習得しておきたいロジカルシンキングの基礎「ピラミッドストラクチャー」を紹介します。 これは、このブロ...

 

ロジックツリー

ロジックツリーとは、文字どおり論理を構成するツリー状のもので、表層に見えている問題から真の問題に深掘りするときに大変役に立つツールです。

ロジックツリーは、1つの問題を次の階層、その次の階層という形で問題を小さなものに分解していく階層構造をしています。

各階層をMECEに分けることによって、問題の原因分析や、問題に対する解決策を漏れなく抽出することができます。

【徹底解説】ロジックツリーとは 作成方法 5つのステップと事例 ビジネスパーソンにとって、必須のロジカルシンキングのツールに「ロジックツリー」があります。 この記事では、ロジック...

 

フェルミ推定

フェルミ推定とは、未知の数字を推測可能なレベルまで分解することで、未知の数字の大まかな規模を推定する手法です。

例えば、ネット通販における日本酒の市場規模というのは、データを調べても出てこないかもしれません。そのようなときに、フェルミ推定を使うと、ビジネスを検討する上で意味のあるレベルで市場規模を推定することができるようになります。

【5分でわかる】フェルミ推定とは 事例・やり方を解説「ネット通販における日本酒市場の規模はどの程度ですか?」 こんな質問をされると、答えに詰まってしまいませんか? 実は、こうし...

 

仮説思考

仮説思考とは、問題の原因や解決策について、仮の結論を置いて、その仮の結論が成立するかという観点で検証を進めていく思考方法のことです。

仮の結論を作って検証することで、検証作業に無駄がなくなり、仕事を効率的かつスムーズに進めることができるようになります。

【5分でわかる】仮説思考とは よい仮説の条件・作り方・立て方 要約解説効率よく仕事をするビジネスパーソンの特徴として、仮説を持って仕事をするのがというがあります。これは闇雲に思いついたことを実行するのではな...

 

広告

データ分析に役立つフレームワーク

データー分析に役立つフレームワークを紹介していきます。

 

4つのデータ分析手法

データ分析をする方法は、いくつかありますが、以下の記事ではファクター分析、マトリックス分析、パレート分析、感度分析という4つの分析・データ可視化手法を紹介しています。

【徹底解説】4つの分析手法と可視化方法 ファクター・マトリックス・パレート・感度分析このブログでは、ロジックツリーやシックスシグマなど、様々な分析手法を紹介しています。しかし、分析の方法自体はその表現方法まで細かく分けて...

 

相関係数・回帰分析

相関係数とは、2つの事象に対して相関があるかどうかを定量的に示した数字です。相関係数が大きければ大きいほど、2つの事象には相関があるとされます。

回帰分析とは、ある原因に対し、結果となる数字がどのような関係を持っているかを調べる際に用いるもので、よく知られているものとして最小二乗法があります。

相関係数と回帰分析を上手に使うことで、物事の因果関係を説明することができるようになります。

【5分でわかる】相関係数・回帰分析とは エクセルでの求め方 2つ以上の変数の相関関係を調べるための指標として相関係数と回帰分析があります。 これらが使えるようになると、2つの事象が独...

 

論理的思考(ロジカルシンキング)を活かした報告書・資料作り

論理思考を活かした報告書、資料の作り方を紹介します。

わかりやすい報告書の作り方

報告書もロジカルに書くと、大変わかりやすく仕上がります。

以下の記事では、わかりやすい報告書の作り方について、2つの手法を紹介しています。

1つはロジカルシンキング・ピラミッドストラクチャーを活用した6つのステップ、もう1つは簡易報告に向くYWTです。

【5分でわかる】わかりやすい報告書の作り方6つのポイント+YWTフレームワーク ビジネスパーソンの困りごとの中で、報告書をうまく書けないという困りごとをよく聞きます。 実際に、 「報告書が...

 

わかりやすいプレゼン資料の作り方

わかりやすいプレゼン資料とは、単に綺麗なスライドのことを指すのではなく、聞き手の分析からストーリー作り、そして内容をわかりやすく言葉・図解でまとめらたもののことです。

以下の記事では、わかりやすいプレゼン資料の作成方法を8つのステップで解説しています。

【徹底解説】わかりやすいプレゼン資料の構成・作り方 8つのステップで完全解説!ビジネスの場面で目にするプレゼンテーションの中には、残念ながらわかりにくいものや、興味のもてないものに出会うことも少なくありません。 ...

 

広告

論理的思考(ロジカルシンキング)のおすすめ書籍

以下の記事で、私が厳選しておすすめしたいロジカルシンキングの本をまとめていますので、あわせてご覧ください。

【おすすめ】ロジカルシンキング・問題解決の本14冊を一挙紹介 ロジカルシンキング(論理的思考)・問題解決に関連する、おすすめの14冊を紹介します。 ロジカルシンキング 論理的な思考と構成の...

 

ブログ内のおすすめ記事

当ブログでは、ビジネスパーソンとして必要な基礎知識の他に、副業やキャリアに関する記事も掲載しています。以下の記事もあわせてご覧ください。

サラリーマンにおすすめの副業に関する記事はこちら>>>

キャリアを考えるのにおすすめの記事はこちら>>

広告