財務会計・管理会計の習得におすすめの記事30選

 

このページでは、財務会計と管理会計を解説した記事を紹介していきます。

 

広告

財務諸表の見方・読み方の解説

財務諸表といえば、財務3表、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の3つです。

まずは、この財務3表を読めるようになることが大切です。

【徹底解説】貸借対照表(バランスシート)の読み方・見方 「貸借対照表って何だっけ?」 ビジネスパーソンとして、大事な財務諸表の一つである貸借対照表ですが、今さら何のことか聞きにく...
【徹底解説】損益計算書の読み方・見方 「損益計算書?P/L? よく聞くし、何となくわかるんだけど、説明しろと言われると困るなあ」 損益計算書は財務諸表の一つとし...
【5分でわかる】キャッシュフロー計算書の読み方・見方を解説キャッシュフロー計算書と聞いて中身が何か説明できるビジネスパーソンはどのくらいいるでしょうか?「何となくしかわからない」「聞かれると説明...

 

そして、この3表が互いにどのような接点を持っているのかを解説したのが、こちらの記事です。

【一目瞭然】財務3表B/S、P/L、CF計算書の関係性と科目一覧このブログでも紹介している財務3表である貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書。これらの関係がどのようになっているか一言で説明で...

 

広告

財務諸表を使った分析

財務諸表を使うことで、企業経営を様々な視点(収益性、安全性、生産性、成長性等)から分析することができます。

【徹底解説】財務分析 収益性・安全性・生産性・成長性の分析手法 財務分析とは、財務諸表を様々な観点から分析して、企業の経営状態の良否を判断することです。企業の経営者はもちろん、株式投資をする上...
財務分析の例を解説 以下のページで財務分析の方法を解説しましたが、この記事では、簡単な財務分析の例を紹介していきます。 https://www...

 

また、財務諸表には、業種別の特徴もあります。

業種・業態別に見る財務諸表の特徴このブログでは、財務諸表や財務分析の手法を紹介してきてますが、その特徴は業種や業態によって千差万別です。この記事では、そうした業種・業態...

 

財務諸表を見る際に気をつけたいポイントもまとめています。

財務諸表を見る際に気を付けておきたい2つのポイントここでは、財務諸表を見る際の注意点をあげます。 注記を読む 「注記」には、会計方針や偶発、後発の事象、リース取引などの詳細が記載され...
【5分でわかる】粉飾決算 よくある粉飾の3つの基本パターンを解説粉飾決算とは、人為的に決算書の数字を操作(粉飾)した決算のことです。粉飾は、主に利益を過大に見せるために行われます。利益を過大に見せるこ...
【5分でわかる】売上・費用・在庫に適用される会計方針日本では、会計方針がいくつかある場合、企業の任意によって選ぶことが認められています。会計方針によって、売上や費用は大きく変わる場合があり...

 

個別の財務指標に関する解説

詳細解説が必要な財務指標に関しては、以下の記事にまとめました。

粗利益、粗利益率、営業利益、営業利益率、限界利益について解説この記事では、財務会計上の利益としてよく使われる、粗利益(売上総利益)、営業利益と、管理会計で重要となる限界利益について解説します。 ...
売上原価とは、原価計算について解説この記事では、売上原価について解説していきます。 売上原価とは 売上原価とは製品やサービスを構成するのに必要な原価のことで、小売業の...
【3分でわかる】減価償却費とは 計算方法・定額法・定率法・耐用年数工場の生産設備など大型の費用を使って何かを購入する場合、会計上は買うのに使ったお金を一旦資産に計上して、毎年少しずつ費用として計上すると...
【5分でわかる】売上債権(売掛金、受取手形)とは 買入債務(買掛金、支払手形)とは企業を運営する中で運転資金は重要指標です。 https://www.nsspirt-cashf2.com/entry/2018/1...
【5分でわかる】棚卸資産とは FIFO、LIFOなどの評価基準、評価方法について解説この記事では、その棚卸資産について解説していきます。 棚卸資産とは 棚卸資産とは企業の商品や貯蔵品、在庫を表します。貸借対照表では資...

 

外資系企業では、独特の横文字で財務指標を表すことがあります。

COGS・SGA・EBIT・CAGRとは 外資系でよく使われる会計用語 外資系の会社では、社内の日本語のコミュニケーションの中でも、時折英語が混ざるのを度々見かけます。例えば、デッドライン(納期)とか...

 

広告

管理会計の基礎

管理会計の財務会計の違いをこちらにまとめました。

管理会計とは 財務会計との違い 責任会計の考え方企業を定量情報に元にマネジメントするための会計として、管理会計があります。この記事では管理会計について、財務会計との違いも踏まえて解説し...

 

管理会計でよく出てくるのが、原価計算です。原価計算で大事になるのは、直接費用と間接費用の扱いです。

直接原価計算とは 原価を変動費と、期間費用として処理する固定費に分ける正しく経営上の意思決定をする際に、原価の考え方は重要になってきます。その際のひとつの考え方として、直接原価計算を用いるという方法がありま...
【5分でわかる】間接費の配賦方法・パターン ABC(活動基準原価計算)とは製品の原価を計算する場合、変動費と固定費という分け方もありますが、もう一つの分け方として直接費と間接費に分ける方法があります。 こ...

 

また、原価を変動費と固定費に分けて分析する方法もあります。そこから派生して損益分岐点を分析する手法がよく用いられます。

【3分でわかる】原価分解とは 変動費と固定費の仕分け 勘定科目法と最小二乗法正しく経営の意思決定をするためには、費用を「変動費」と「固定費」に分けて考えることがあります。 しかし、「変動費と固定費ってどうや...
CVP分析とは(損益分岐点分析)計算方法・活用事例 事業戦略を考える上で、事業の損益分岐点(利益がゼロになる売上高)がどこにあるかを把握しておくことは大変重要になってきます。 ...

 

管理会計理論の派生形として、真の変動費だけを考えるスループットという考え方が、TOC制約理論で登場します。

【2分でわかる】スループット会計とは 企業の現金創出力を示す考え方以前の記事でも書いたように、固定費や間接費用はその配賦方法によって事業部門や製品の収益性の見え方が変わってくるという問題があります。そう...

 

管理会計を用いた業績管理

管理会計は事業判断だけでなく、業績管理にも使われます。会計上のKPIを設定し、4つの視点から体系的にまとめたのがバランス・スコア・カードです。

【5分でわかる】バランス・スコアカードとは 戦略マップとは KPIとは 事例解説 企業や部門の業績評価手法のひとつとしてバランス・スコアカードが使われることがあります。 この記事では、バランス・スコアカー...

 

業績管理では、標準原価や貢献利益という考え方もよく使われます。

【3分でわかる】標準原価とは 原価企画とは 原価管理の基本概念原価計算はその前提条件によって結果が変わってきてしまいます。だからといって、意思決定をするごとに前提条件を定めて原価計算するというのは大...
貢献利益とは 部門で管理可能な利益を括り出す事業部門の評価をするときに、事業部門の関与度の高い費用と、事業部門ではコントロールできない費用に分けることがあります。 その際に使われる...

 

また、これらの管理の前段として、予算策定があります。

【経験からのまとめ】予算とは 意味・立て方・管理のやり方 会社勤めをしていると、どこの部署にいても必ずといってよいほど聞こえてくる単語に「予算」があります。 「もう予算がな...

 

管理会計を用いた意思決定

管理会計は意思決定場面でもよく使われます。

ここまであげた概念の他に、機会原価、埋没原価という概念があります。

【2分でわかる】機会原価、機会損失、埋没原価(サンクコスト)の解説 管理会計上の原価には、変動費・固定費、直接費・間接費など様々分類がありますが、これらの費用以外にも実際は発生していないのに、意思...

 

さらに、製造業だと内製・外製の判断に管理会計が使われます。

【3分でわかる】Make or Buy 内製・外製の意思決定 その判断基準・ポイント メーカーと一括りにいっても、その設計・製造には様々なケースがあります。例えば以下のようなケースです。 設計から製造まで...

 

また、価格設定の重要さを示す計算として、こちらのシミュレーションも意思決定の参考になるかと思います。

【検証】利益に最も影響するのは、価格増?販売数量増?費用減?みなさん、会社の利益に最も影響のあるファクターは何かわかるでしょうか? 会社経営をされている方なら直感的にわかるかもしれませんが、...

 

国際取引における会計

同一企業グループ内で国際取引をする場合には、移転価格税制というものを考える必要があります。

【5分でわかる】移転価格税制とは ロイヤリティとは わかりやすく解説国際取引における重要な概念として、移転価格とロイヤリティがあります。日本企業が海外の会社を買収するケースが増える中、この移転価格とロイヤ...

 

広告