Ns spirit ビジネスパーソンの心技体

ビジネススキル・知識・キャリアを中心にビジネスパーソンの心技体を磨くための情報を発信しています。心技体を磨いて80歳で後悔しない人生を目指そう。

管理会計とは 財務会計との違い 責任会計の考え方

 

企業を定量情報に元にマネジメントするための会計として、管理会計があります。この記事では管理会計について、財務会計との違いも踏まえて解説していきます。また、最後に管理会計の概念と結びつく責任会計についても言及していきます。

 

管理会計とは

管理会計とは、企業内部の意思決定や組織コントロールのために用いられる会計のことです。

 

企業の業績を表す財務データ(貸借対照表や損益計算書)を外部の関係者に公開していくために、定められたルールに従って作成する財務会計とは趣きを異にします。

  

f:id:n_spirit:20181028235633p:plain

 

財務会計との主な違い

  管理会計 財務会計
ルール 決められたルールはなく、会社が内部コントロールをしやすいようにアレンジされることもある。 他の会社との比較が容易なように一定の会計ルールに従って作成される。
情報の質 正確さ以上に、スピーディーな意思決定をできるために、精度、効果、取得スピードのバランスが要求される。 正確さが要求される。

 

上記のように管理会計では、決められたルールがないため、企業の実態にあわせて様々な切り口で業績を見ていきますが、一般的に用いられる切り口としては以下のようなものがあります。

 

変動費と固定費の仕分け

企業の将来業績予測をするにあたって、費用を売上に連動する変動費と固定費に分類することがあります。これを固変分解ともいいます。また、変動費と固定費を分解することで、損益分岐となる売上を明らかにすることもできます。 

www.nsspirt-cashf2.com

 

限界利益・貢献利益

限界利益や貢献利益は、固定費を意思決定によらない所与のものと見なして、財務会計上の利益としてではなく、その事業が実質的に生み出している価値として見なした利益のことです。

 

これらの利益は、事業撤退や、内製・外製といった事業判断を誤らないように活用されます。

www.nsspirt-cashf2.comwww.nsspirt-cashf2.com

www.nsspirt-cashf2.com

 

直接原価計算と間接費の配賦

財務会計上の原価計算は全部原価計算のみですが、管理会計では、製品ごと、事業ごとの原価を明確にするため、直接原価計算という手法であったり、共通間接費の配賦というものが出てきます。

 

www.nsspirt-cashf2.com 

www.nsspirt-cashf2.com

 

人材や部門の評価

大きな会社になると、複数の事業部門や間接部門が出てきて、財務会計上の売上、利益だけで人材や部門を評価するのは難しくなります。

 

そこで管理会計を使って、評価対象の人材や部門が、どの程度会社業績の一部に貢献したのかを明確にしていきます。

 

責任会計

責任会計とは、管理上の責任と会計システムを結びつけて、責任部署の業績を明確にするための制度のことです。

責任会計においては、責任中心点に対し、実績と予算を対比して業績を図ります。

代表的な責任中心点には次の3つがあります。

コストセンター
コストセンターとは、管理下で発生した原価のみに責任を負う組織です。一般的に品質・コストをコントロールできる一方で、販売価格などをコントロールしにくい製造部門などは、コストセンターとして位置づけられます。


プロフィットセンター
プロフィットセンターとは、原価だけでなく収益に対しても責任を負う組織です。事業部は一般的にプロフィットセンターとして位置づけられます。


インベストメントセンター
インベストメントセンターとは、原価、収益だけでなく投資額に対しても責任を負う組織です。インベストメントセンターでは、投資に対するリターン(投資利益率:ROI)


<各責任中心点と評価指標の関係>

  投資利益率 収益 原価
コストセンター × × 責任有
プロフィットセンター × 責任有 責任有
インベストメントセンター 責任有 責任有 責任有

 

管理会計をもっと知るには

グロービスMBAアカウンティング[改訂3版]

グロービスMBAアカウンティング[改訂3版]