Ns spirit 投資学・経営学研究室

投資・経営の基礎を網羅した「投資学・経営学研究室」のブログ版です。ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信していきます。

プロジェクトマネジメント スケジュールの立案 必要リソース・資源の見積り

プロジェクトマネジメント スケジュール立案
プロジェクトとは、特定の目的のためにチームを組んで、一定期間、一定リソースを割いて取り組む課題のことです。日常の業務に対して、プロジェクトは非日常的で毎年継続的に実施するものではありません。

ここでは、プロジェクトマネジメントに必要なことを紹介していきます。

 

スケジュール立案
まずプロジェクトを進めるにあたって、大まかに次のようなステップでスケジュールを立案していきます。

大まかなマイルストーンを設定する
例えば、●月●日に商品を発売する、建築物を完工する、そのために×月×日に構想を完了させて、▲月▲日に顧客承認をもらうといったイメージのものです。ここではプロジェクトを進める上で最も重要なプロセスを書き出します。

大まかな作業レベルに分解していく
大まかなマイルストーンが決まったら、次にどのような作業がプロジェクトとして必要なのかを分解していきます。例えば建築プロジェクトだと、いつまでに施工図面が完成していないといけないのか、いつまでに見積提示をしないなどというようなものです。

人別にタスクを分解する
例えば、施工図面を完成させるといった場合、そこに複数の人間が関与することになります。マネジメント上は一人一人の責任を明確にするために人別にタスクを分解できるようになるとベターです。

 

スケジュール立案上の注意点
各タスクの責任区分をできる限り明確にする
上でも言及したように各タスクの責任区分(責任者や部署)を可能な限り明確にする必要があります。責任が曖昧になったまま、スケジュールが組まれると、気が付けば誰もその仕事をフォローしていないという事態に陥ってしまいます。

タスク分解は実務に支障きたさないレベルに留める
いくら仕事を分解して責任区分を明確にする必要があるとはいっても、あまり細かくしすぎると(例えば電話をするとか、物を運ぶといった日常の作業レベルまで分解すると)、スケジュール立案だけで物凄い作業量になってしまいますし、実質的に管理することが不可能です。

 

スケジュールの例
スケジュールでよく使われるのがガントチャートです。以下がその一例です。

※クリックすると拡大します

横軸は月単位、週単位、日単位など目的や管理レベルに応じて選ばれます。例えば、月単位なラフなものを作って、それをベースに週単位に分解するという方法もあります。あるいは一日単位で勝負が決まるような(例えばM&Aプロジェクトのようなものの)場合は、日単位でスケジュールを組んで毎日チェックをするようなことが必要になります。

 

スケジュールが完成したら、次に必要資源の見積を行います。ここでいう資源とは主に、人、物、金を指しています。

 

必要人員の見積り
リソースの見積でまず必要なのが、必要人員の見積りです。スケジュール立案のところで考えたようなスケジュール表を使って次のような人員表を作成することができます。


※クリックすると拡大します

 

必要費用の見積り
次に費用の見積もりです。費用には一般的に次のようなものがあります。

人件費
これは上記の必要人員から計算できます。一般的には以下の計算式で計算できます。

一人当たり人件費 = 年間人件費 × プロジェクトでの占有率


オペレーション費用
サンプルを作る、カタログを作るといった人件費以外で必要となってくる費用です。


投資費用
固定資産に計上するような費用です。例えば新製品の設備や金型費用というのがそれにあたります。


その他費用
出張費用や事務用品の費用、オフィス費用などです。もし各種費用がプロジェクト専用で発生することが始めから明確であればその金額を、もし立案時点で明確にできなければ、Overhead charge(オーバーヘッド・チャージ)という形で人件費に一定割合を掛けて算出する場合もあります。

その他費用 = 人件費 × Overhead Charge

 

発生時期の特定
プロジェクトマネジメント上、上記費用がいつ発生するかを考えておくのは極めて重要になります。なぜなら、プロジェクトスタート時点と環境変化があった場合に、これまで使った費用(埋没費用なので、使った以降の意思決定には関係ない)と、引き続き必要となる費用を常にわかるようにして、プロジェクトを続けるかどうかを意思決定しないといけないからです。

これらを総合して、発生費用もスケジュール表とリンクさせて以下のようにまとめる例があります。


※クリックすると拡大します

 

次のページでは、プロジェクトマネジメントにおける必要スキルについて解説します。

www.nsspirt-cashf2.com