管理会計の理論・勉強

【3分でわかる】Make or Buy 内製・外製の意思決定 その判断基準・ポイント

 

メーカーと一括りにいっても、その設計・製造には様々なケースがあります。例えば以下のようなケースです。

  • 設計から製造まで一貫して自社でもつケース
  • 設計だけ自社で製造は外部に委託するケース(OEM)
  • 設計まで含めて外部に委託するケース(ODM)

 

以下の記事でも、OEM・ODMのメリット、デメリットの中でも書いたとおり、自社で全て全ての機能を完結させることが必ずしもよいわけではありません。

【5分でわかる】OEMとは ODMとは 意味・違い・事例・判断のポイント 製造業に従事しているとよく聞く言葉としてOEMがあります。 「●●社にOEMをお願いしている」 「うちはOE...

 

しかし、製品によっては、自社でも作れるし、外部のサプライヤーでも作れるというものもあるでしょう。こういうした製品に対して、どのようにアプローチするべきなのでしょうか。

 

そこで大事なるのが、Make or Buy (内製か外製か)の意思決定です。

この記事では、内製するのか、外製するのかをどのような観点で判断するのか、主にコストの観点にフォーカスして解説していきます。

 

内外製の判断基準

この内製か外製かの判断基準には、以下のようなものがあります。

  • 自社の技術に競争力があるのか
  • 投資をどれだけできるのか
  • 長期的な視野でオリジナリティを出したり、ブランドを構築したりするのにどちらが有利か
  • コストはどちらが有利か

 

冒頭に書いたとおり、ここでは最後にあげたコストについてもう少し深掘りしていきます。なぜなら、コストに関わる判断の中で、たまに勘違いが起きるケースがあるからです。

 

内外製の判断で比較すべきコスト

内外製を判断する際に比較するコストには注意が必要で、比較しなければならないコストは以下の2つです。

  • 内製した場合の変動費
  • 外製した場合の購入費

ここでよくありがちな判断ミスが、「内製した場合の製造原価」と比較してしまうことです。しかし、製造原価には変動費と固定費があることを忘れてはいけません。(変動費・固定費の詳細は以下ページを参照ください)。

【3分でわかる】原価分解とは 変動費と固定費の仕分け 勘定科目法と最小二乗法正しく経営の意思決定をするためには、費用を「変動費」と「固定費」に分けて考えることがあります。 しかし、「変動費と固定費ってどうや...

 

売上に比例する変動費に対して、固定費は売上によらず一定です。つまり、この会社が社内で物を製造しても、社外から物を購入しても一定にかかる費用です。

したがって、もし固定費の入った製造原価と、純粋な変動費である購入費用を比較すると、Apple to Apple(同じもの・条件同士)の比較にはならないわけです。

Make or Buyの判断

例えば、ある会社X社の内製と外注のコスト構成が以下のような場合、製造原価が高いという理由で外製してしまうと、内製をやめても固定費3,000円が残るので、実質は外製の方が不利だということになります。

 

内製品原価

=10,000円=製造変動費7,000円+製造固定費3,000円

 

外製品購入費

= 8,000円

(実際には+3,000円の固定費が上乗せされて合計11,000円と見なせる)

 

外注から内製に切り替える場合

設計まで委託していると外注業者からの購入コストには製造原価だけでなく、設計費用を中心とした販管費と利益まで含まれていることにもなります。そうした外注業者から内製に切り替える場合は、考える要素がさらに複雑化になります。簡単に言うと比較対象は以下のようになります。

  • 内製した場合の変動費+追加費用+機会損失
  • 外注した場合の購入費
外製から内製への切り替え

例えば、内製で作ると製造原価の変動費が20,000円であるのに対して、外製品の購入費は25,000円だとします。ここで20,000円の方が安いから内製だとなってはならないわけです。外製品は様々な設計リソースを割いていて、もし内製に切り替えるとX社は設計リソース(人員、マシン、ソフト等)を確保するお金が必要になります。

 

もしその追加費用を1台あたり6,000円となると、

変動費20,000円+追加費用6,000円

=合計26,000円>外製品購入費25,000円

で外注の方が有利になるのです。

 

さらに、この設計リソース(人・物)が、簡単に外から採用・調達できるものであればよいですが、実際はX社の内部リソースを割り当てて対応するケースがほとんどで、そうなるとX社がそのリソースを使って他にやれるはずだった仕事を犠牲にして内製に取り組む必要が出てきます。

その機会費用の算出は実務上計算が難しいのですが、仮にそれを3,000円とか計算ができると、上記の計算は20,000円+6,000円+3,000円=29,000円>25,000円となってしまい、内製に踏み切るべきではないという結論が導かれます。

 

内製した場合の原価

=変動費20,000円+追加費用6,000円+機会費用3,000円 =29,000円

 

外製した場合の購入費

=25,000円

 

機会費用(機会原価)の詳細はこちら

【2分でわかる】機会原価、機会損失、埋没原価(サンクコスト)の解説 管理会計上の原価には、変動費・固定費、直接費・間接費など様々分類がありますが、これらの費用以外にも実際は発生していないのに、意思...

 

以上のように内製・外製のコスト判断では、比較するべきコストを間違えなようにする必要があります。

基本的に追加費用が無ければ内製の方が有利になりますが、追加費用が本当に発生しないのか、発生するとしたら、それはどの程度なのかをきちんと把握することが重要になってきます。

なお、一般的に製造業においては、内製するか外製するかという判断を迫られるケースは商品開発の初期段階(ステージゲートでいうと、Gate2前)で方針決定されます。

【商品開発プロセス】ステージゲートシステムとは 評価項目・意味を解説 商品を開発する際に、一定のプロセスに従って進めると判断基準が明確になり、組織としても効率よくプロジェクトを進めることができます。...

 

購買戦略をもっと知るには

 

財務会計・管理会計におすすめの記事はこちら>>>

ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外、独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することを発信しています。