管理会計

管理会計の基礎知識

管理会計とは、企業内部の意思決定や組織コントロールのために用いられる会計のことです。

企業の業績を表す財務データ(貸借対照表や損益計算書)を外部の関係者に公開していくため、定められたルールに従って作成する財務会計とは異なる考え方で運用されます。

管理会計財務会計
ルール決められたルールはなく、会社が内部コントロールをしやすいようにアレンジされることもある。他の会社との比較が容易なように一定の会計ルールに従って作成される。
情報の質正確さ以上に、スピーディーな意思決定をできるために、精度、効果、取得スピードのバランスが要求される。正確さが要求される。

管理会計は、原価計算、業績管理、意思決定の3つに分野に分けられます。

原価計算

管理会計でよく出てくるのが、原価計算です。原価計算で大事になるのは、直接費用と間接費用の扱いです。

変動費と固定費

よく使われるのが変動費と固定費という考え方です。

変動費と固定費がわかることで、売上高が変化したときの利益の影響を正しく予想できるようになります。

原価を変動費と固定費に分ける方法は、以下の記事で解説しています。

原価分解とは 変動費と固定費の仕分け
原価分解とは?変動費と固定費を分ける勘定科目法と最小二乗法 管理会計においては、費用を「変動費」と「固定費」に分けて考えることがあります。 しかし、「変動費と固定費ってどうやって分け...

限界利益

売上高から変動費を引いたものを限界利益と言います。

限界利益および限界利益率(限界利益/売上高)は、事業を拡大できるかどうかの判断材料の1つになります。

たとえば、仮に事業として赤字であっても、限界利益が大きければ売上の拡大によって大きく黒字化できるからです。

【図解】限界利益とは?計算式とその意味合いを解説
【図解】限界利益とは?計算式・意味合い・目安・推定方法など解説 ビジネスをやる上で欠かせないのが、利益です。 財務会計において利益と言えば、「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前...

損益分岐点分析

変動費と固定費がわかると損益分岐点分析をできるようになります。

損益分岐点分析とは、利益がゼロになる損益分岐点売上高を求めることです。

損益分岐点売上高がわかることで、適切な事業目標を立てらようになるのです。

損益分岐点分析(CVP分析)とは【計算方法・活用事例をわかりやすく解説】
【図解】損益分岐点分析(CVP分析)とは【計算方法・活用事例をわかりやすく解説】 事業戦略を考える上で、事業の損益分岐点(利益がゼロになる売上高)がどこにあるかを把握しておくことは大変重要になってきます。 ...

間接費の配賦

原価は、直接製品やサービスに結びつく直接費と、間接的に寄与する間接費という分け方もできます。

製品やサービスの間接費を計算する場合、間接費の配賦という作業が必要になります。

以下の記事で、間接費の配賦方法を複数紹介しています。

間接費の配賦方法・パターン ABC(活動基準原価計算)とは
間接費の配賦方法・パターン【ABC(活動基準原価計算)とは?】 製品の原価を計算する場合、変動費と固定費という分け方もありますが、もう一つの分け方として直接費と間接費に分ける方法があります。 ...

直接原価計算

財務会計では、原価計算をする際の手法は全部原価計算しか認められていませんが、管理会計では直接原価計算という手法をとることができます。

直接原価計算とは、直接費だけを計算して、間接費を期間原価として扱う方法のことです。

直接原価計算とは 原価を変動費と、期間費用として処理する固定費に分ける 管理会計において、正しい意思決定を促すためには原価の考え方はとても重要です。 その際のひとつの考え方として、直接原価計算を...

TOCスループット

管理会計理論の派生形として、真の変動費だけを考えるスループットという考え方が、TOC制約理論で登場します。

TOC理論に基づいて考えられたことから、TOCスループットとも言います。

TOCスループット会計とは【計算式・意味・活用方法】 スループットとは、売上高から原材料費や外注費などの変動費の中でも真の変動費と呼ばれる費用を引いたものです。 スループッ...

管理会計を用いた業績管理

管理会計は事業判断だけでなく、業績管理にも使われます。

バランス・スコアカードと戦略マップ

会計上のKPIを設定し、4つの視点から体系的にまとめたのがバランス・スコアカードと戦略マップです。

バランス・スコアカードとは 戦略マップとは KPIとは 事例解説
バランス・スコアカードとは?戦略マップ・KPIの関連も解説 企業や部門の業績評価手法のひとつとしてバランス・スコアカードが使われることがあります。 この記事では、管理会計の基礎として...

標準原価

業績管理では、標準原価という考え方もよく使われます。

標準原価とは、標準的な前提条件を設定して、そのときの原価を示す方法です。

通常は、製品を実際に作ってみないと実際の原価は正しく算定できませんが、それでは予算を作ることができませんし、管理方法を検討することもできません。

そこで、標準原価を設定して、実際の原価と標準原価との差異を見ることで、経営管理をしていくのです。

標準原価とは?原価企画とは?原価管理の基本概念 原価計算はその前提条件によって結果が変わってきてしまいます。 だからといって、意思決定をするごとに前提条件を定めて原価計算...

貢献利益

貢献利益とは、会社内のある特定の部門が貢献している利益のことです。

利益の中には、ある特定の部門だけではコントロールできない利益がありますが、それではどの部門がどれだけ利益に貢献したか判断できなくなってしまいます。

部門ごとに貢献している利益を明らかにすることで、そうした問題を解消でき、部門としての業績目標を立てるのが容易になります。

貢献利益とは
貢献利益とは 部門で管理可能な利益を括り出す事業部門の評価をするときに、事業部門の関与度の高い費用と、事業部門ではコントロールできない費用に分けることがあります。 その際に使われる...

管理会計を用いた意思決定

管理会計は意思決定の場面でもよく使われますが、その際に潜在的に発生している原価の存在を間違えないように処理する必要があります。

埋没原価と機会原価

実態としては見えないものの、意思決定に重要な影響を与えるのが、埋没原価、機会原価です。

埋没原価とは、将来の意思決定に関係なく過去すでに発生してしまった原価のことで、意思決定の考慮に入れてはいけない原価です。

機会原価とは、ある選択肢を選んだときに、別の選択肢によってもたされる利益のことで、意思決定の考慮に入れるべき原価です。

埋没原価・機会原価とは【意思決定で重要となる考え方】埋没原価(まいぼつげんか)とは、どのオプションを採用しても発生する原価、またはすでに発生してしまっている原価のこといいます。機会原価とは、あるオプションを採用したときに、実際には採用しなかったオプションを採用していた場合に得られた利益のことです。...

内製・外製を判断するための管理会計

製造業だと内製・外製の判断に管理会計が使われます。

Make or Buy 内製・外製の意思決定【判断基準・ポイント】
Make or Buy 内製・外製の意思決定【判断基準・ポイント】 メーカーと一括りにいっても、その設計・製造にはさまざまなケースがあります。たとえば以下のようなケースです。 設計か...